心のサークル(blog版)

心のサークルは、スピリチュアリズムを学べますが、オープンな初心者向です。

第91回 心のサークル報告

【と き】  2018年3月18日(日)、14時~17時
 
【ところ】 宮城県仙台歯科医師会館 4F 和室
 
【参加者】 進行:US、記録:SK
 
       USHMGSYYMMIK WM  SK以上8名
 
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(8)』の読書会 
 
 
すっかり春めいてきました。
といいますか、春を飛び越して初夏のような陽気になってきました。
3月だというのに26日には最高気温22度を記録しました。
ぼんやりしているとあっというまに季節が通り過ぎてしまいそうです。
 
久しぶりにWMさんが読書会に来てくださいました。
 
さて、シルバーバーチの霊訓、第8巻に突入です。
Uさんがシルバーバーチの祈りを唱え、Iさんにアンマのマーオーム瞑想を行っていただき輪読の開始です。
 
 
 
 
シルバーバーチとはいったい誰なのか。
確かに気になるところではありますが、シルバーバーチはこう答えています。
 
たとえ有名な人物の名前を述べたところで、それを証明する手段は何一つ無いのですから、なんの役にも立ちません。
私はただひとえに私の申し上げることによって判断していただきたいと望み、理性と知性と常識に訴えようと努力しております。もしもこうした方法で地上の方々の信頼を勝ち取ることができないとしたら、私の出る幕ではなくなったということです。
(略)
私たちの世界では地上でどんな肩書き、どんな財産をもっていたかは問題にされません。要はその人生で何を為したかです。(P11~12)
 
確かに、ヨセフやヨハネだと、名乗ったとしたら。
急に何かが色あせるような…。
「ほんとうにヨセフ? ヨハネ?」 など、決して解決しない疑問が大きな障害になって、中身を検討する気にもなれなくなるかもしれません。
シルバーバーチは常に「私はラベルには関心がない」と仰っているので、名前もしかりなのですね。
 
何を語るのかがこの霊訓の真髄です。
 
同じ本なのに、それをどう読むかはそのひとによって違うようです。
その違いは、「好み」の違いにすぎないと軽く考えていましたが、
「違うという現象」に隠れているほんとうの意味は、「人はそれぞれ自分の作った世界を生きている」という真理の表れなのではないか、と考えると見方が変わります。
 
シルバーバーチの本の感想を聞いてみると両極端です。
 
この世の疑問が全部晴れた! と絶賛する者もいれば
内容がさっぱりわからない、
どこが感動なのかまったく共感できない。
当たり前すぎてつまらない。
などという感想を聞くこともあります。
大感動する人から、何も感じない人まで。
 
生きている現実が違うのかもしれません。
 
 
横道にずれますが、霊界に戻ると、そこは類魂の村で、同じ魂をもつ仲間しかいないそうです。
同じ「現実」を生きます。
言葉を発しなくとも思念だけでコミュニケーションがとれます。
周りがみんな自分と同じ。良い事も悪い事もオープンハート。
シルバーバーチの本の感想も共感。
気心のしれている友人たちの集まりは居心地がよいものですが、類魂の村はその究極の場所なのでしょう。
肩の力が抜け、癒されそうです。
(欲望だらけの村もあるそうですが^_^;)
 
 
 
すると、魂の村では摩擦がないので、徐々に困難を求める気持ちが生まれるらしい---とUさん。
そこで、私たちは様々な魂の坩堝であるこの世に生まれ変わることを自ら望むのだそうです。
 
さて、実際生まれてはみましたが、望んだ(であろう)とおりに、揉まれに揉まれ(こんなはずだったのか! と抗議したい気持ちを抑えながら)、いったい自分は何者なのか? という疑問を持つことになり、ついにシルバーバーチの読書会に参加するまで辿り着きました。
 
シルバーバーチは、この世に戻ってきた理由を、スピリチュアリズムを受け入れる用意のできた人たちにその心理を分けるためと答えています。
 
受け入れる用意ができた人-------この本を手に取るということは用意のできた人と思ってよいそうです。
その資格を持ったということ、恥ずかしながら、末席に座らせてもらいました。
 
自我の開発--これが人間としてのもっとも大切な目的です。それがこうして私たちが霊界から地上へ戻ってくる目的でもあるのです。すなわち人間に自己開発の方法、言いかえれば霊的革新の方法をお教えすることです。内在する神の恩寵を味わい、平和と調和と協調と友愛の中で生きるにはそれしかないのです。今の地上にはそれとは逆の”内紛”が多すぎます。P21
 
自我の開発。
 
場所を変えたら、職場を変えたら、相手を変えたら、現状がどうにかなるのだろうか?----どうにもなりはしない。
自分自身はどこにいったって自分。不安や心配から逃れようしても無理、と昔から思っていました。
以前はそれが絶望だったのですが(つまり、逃げ場所がない)、そうではなく、開発しろということなんですね。
 
腹をくくる(受け入れる)。
最近浮かんでいる言葉はこれです。
なぜか足がすくみます。
 
 
巣を飛び立つ雛は落下の恐怖を乗り越えて空中へ身を投じます。
(実際に落下する雛の映像を見たことはありませんが、みな成功するのかなぁ。飛べない鳥はいるのだろうか?)
 
とにかく雛の不安は容易に想像できます。
落下しないかどうかは飛び立たってみないとわからないのに、飛び立たないといけない。
雛にとっては生か死の決断です。
 
不安を捨て、安心の世界へ飛び立とうとするのに、なぜ足がすくむのか。
 
 
人間は問題をことごとく地上的な視点から眺めます。私たちは同じ問題を霊的な視点から眺めます。しかも両者が往々にして食い違うものなのです。たとえば”他界する”ということは地上では”悲しい事”ですが、霊の世界では”めでたいこと”なのです。
 
人間の限られた能力では一つ一つの事態の判断ができません。ですから、前にも申し上げたように、判断できないところはそれまでに得た知識を土台として(すべては佳きに計らわれているのだろうという)信念で補うしかありません。P19
 
佳きに計らわれているだろうという信念をもつことができるか?
落下しないという信念と戦う雛の姿と自らを重ね合わせます。
 
 
精神を鎮め、受容性と協調性に富んだ受け身の姿勢。
羽ばたけるかどうかは、見えない力を受容できるかどうかです。
 
 
それにしましても、単純なことなのに、実行しようとするととても難しいシルバーバーチの訓え。
さまざまな固定観念や習慣、心配、取越し苦労、不安、利己主義や自己保身などが、行く手をふさぎます。
しかし、それが生まれ変わった目的であれば、順調ということです。
 
 
歓談のなかで、
自身の霊団の中に5代前くらいの前の先祖が関わっている事が多いという話がでました。
その仕組みはどうなっているのか? という質問がありました。
 
結論は死んでみないとわからないですねということでしたが、この世で同じ家族、血族で生まれたという縁と時間の中にその仕組みがあるのかもしれないですね。
 
また、地球上では様々な試練の中で生きている人々がいます。
いまだ戦場の地域
国を追われた移民
独裁者の下で生きる民
 
そんななか、日本は物的にはとても恵まれている国ですが、その日本に生まれた意味はどういうことだろうかという問いがありました。
 
「生きることを楽しむ事」がそのひとつとのことです。
 
たしかに私たちは恵まれています。
ある程度言論の自由は保障されており、衣食住もなんとか皆に行き渡っている。
それなのに幸福度が低い。
 
自我の開発に専念しようと決心した魂の集まりの国なのでしょうか。
 
 
あなた(質問者)の人生がけっして平坦なものでなかったことは私もよく承知しております。スピリチュアリズムという大きな知識を手にするために数々の大きな困難を体験しなければならない----それが真理への道の宿命であるということがあなたには不可解に思えるのではありませんか。けっして不可解なことではありません。そうでないといけないのです。P16
 
 
それにしましても、
なんで生まれ変わってしまったかなぁと、たまには愚痴を言いたくなることもあるものです。^_^;
 
 
 
 
次回 第92回 心サークル お知らせ
 
 
 【と き】  2018年4月15日(日)、14時~17時 
 
【ところ】 宮城県歯科医師会館(仙台市青葉区国分町1-5-1
 
      4F和室
 
      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。
 
      尚、入口の表示板に、部屋がどこか書いてあります。ご確認お願いします。
 
      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、
 
      わからない時は声をおかけください。
 
      
 
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(8)』の読書会:2章 
 
【持ち物】 上記書籍をご持参ください。
 
【参加費】 喜捨
 
【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。
 
     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!
 
 新しく参加希望の方は、本ブログコメント又は下のメール宛へご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。
 
コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。
 
【メールアドレス】 kokoronosakuru@gmail.com
 
又、これまでのメンバーの皆様は、出欠係の柴田までご連絡ください。

第90回 心のサークル報告

【と き】  2018年2月11日(日)、14時~17時
【ところ】 宮城県歯科医師会館 4F和室
 
【参加者】 進行:US、記録:SK
 
       USHMGSYYMMIK SK以上7名
 
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(7)』の読書会 
 
 
厳しい寒さが続いています。
なかなか春の兆しが訪れず今年の冬はいつもより長く感じます。
そろそろ暖かくなって欲しいものですね。
 
そんな中、心のサークルは90回を迎えました~!
あと10回で100回を迎えます。
メモリアルまでカウントダウンです。
 
こんなに回数を重ねても、いつも多数の参加があり、賑やかでとても嬉しいです。
シルバーバーチのおかげですね。
 
 
 
14時の集合時間に会場へ近づくと、なにやら美しい音が響いていました。
12時から既に集まっていた宮城気友会の面々が、場をあたためていました。
MMさんが陰陽5行、木火土金水の音叉を二つ選びだして鳴らし、メンバー其々の身体の調子を整えて(治療して)いたのです。
さっそく一緒に参加。
調子の悪い所で音を鳴らすとくぐもった音になるのですが、次第に伸びのよい音に変わっていきます。
 
私も腰の調子が悪かったのでMMさんにお願いしました。
身体全体が鳴り響く音に囲まれると異次元へ誘われたような気分になります。
 
いつもは意識しないエーテル体が自分自身であることを感じます。
臓器や肉ではないエーテル体という自分自身。そこを音で癒す。
重量がない霊界に想いを馳せることができました。
 
さて、そろそろ心のサークル開催です。
今日は前回に引き続き、ブルーノグルーニングDVD・最終章3巻目の鑑賞。
その前に、本分である霊訓の輪読から始めることにしました。
 
USさんがシルバーバーチの祈りを唱え、輪読開始。
 
 
 
 

シルバーバーチの霊訓7 

解説 悲劇の霊媒ヘレンダンカン

 
 
ドイツのヒーラー、ブルーノさんのDVDを見ることが続いていたのですが、その最後日にこの章を読むことになったという偶然。
 
これまでにもよくそういう偶然はありましたが、心のサークルの現実とシルバーバーチの霊訓とがたびたびリンクします。
不思議だなぁと思うとともに、こうもさりげなくコーディネイトされることが、霊界の軽やかさの証拠かなぁと感じました。
 
ヘレンダンカンは1950年代に活躍していた霊媒です。
霊の存在を信じない人々にとって、霊的な不思議な力は脅威のようです。
それは、現代も同じですが、裁判にかけられ投獄までに至るというのは、人間の作る法がどれだけ不完全であるか、という証だと思います
法や社会が利己主義で成り立っているということは怖い事ですね。
 
霊媒やヒーラーがいると商売が成り立たなくなってしまう職業に携わる人々は、お金や権力を握っている人々に多いようです。
それらを失いたくない、脅かされてしまうという危機感は、あらゆる手段、理由をつけて ---たとえそれが荒唐無稽の理屈でも---、さも当たり前のような顔で「これが正義だ」と言い張り、権力をふりかざすことを、平気で出来るものなんですね。
 
 
女史の鼻と口と耳から発光性のエクトプラズムが大量に波のように出てきて、やがて6フィートの背丈の女史の支配霊アルバートの姿となった。心霊研究家のハリープライスは、ダンカンは前もってチーズクロス(ガーゼ状の布)を呑み込んでおいてそれを吐き出すのだと言う。
 
 
この証言を証明するためにダンカン女史のレントゲン撮影までしたというのですが、そんなことをしなくても、そんな大きなガーゼを呑み込むことなど、できるわけがないことはわかりきっています。
 
それを大真面目に言ってまかり通っているのは時代のせいもあるかもしれませんが、愚かだなぁと感じてしまいます。
 
たとえそれが感動的な神秘であれ、どうであれ、とにかく貶めたい、ただそれだけ。
この手のタイプの人々は死ぬまで、あるいは死んでも「真理」に目を向けることはないのだろうなぁ。
霊的にいえば、未熟段階だと言わざるをえないと思われます。
霊的な成熟と、地上での地位は関係がないようです。
 
 
 
ところで、私の日常にもこれに関する偶然、シンクロがありました。
友人との会話の中で、友人が山形の霊媒長南年恵さんの話題を出しました。
 
 
長南さんも裁判に掛けられたそうです。
空気中から神水取り出すという長南さんを試すべく、裁判官が空のコップを持ってきて「このコップに神水を満たしてみよ」と言ったそうです。
長南さんは言われた通り水で満たしました(どんなふうにしてなのか詳しく聞けなかったのですが・・・
 
裁判官は言いました。
「それは何に効く水か?」
長南さんは言いました。
「なんなりと」
 
 
この静かなやりとり、なんとなく日本だなぁと思いました。
チーズクロスのやりとりよりずっと上品でよかったです。
 
 
 
現代に至ってさえも霊という単語を発しただけで胡散臭い目で見られることは必至なので、公言できません。
こういう言い方は不謹慎かもしれませんが、最近カミングアウトという言葉がメディアなどで賑わせることがあります。
スピリチュアリストがカミングアウトしだす時代はいつになるでしょうか?
 
 
 
さて、ブルーノの最後の巻を鑑賞しました。
ブルーノさんは、常に真摯で誠実で、想像以上の高いヒーリング能力をもつ、とにかく超人的な愛の人だという結論に達します。
高い層の霊なのだろうなぁと思いました。
そんな人の姿を見ることができてよかったです。
 
ブルーノさんも同じように権力者から訴えられ、治療行為を禁止されてしまいます。
沢山の病人が彼を望んでいるのに、そういうもったいない結果になるんですね。
まだまだ地球はレベルの低い階層だということです。
重苦しいはずです。
 
ブルーノさん、長南さん、ダンカンさん。
みんな大変な苦労をされていました。
 
 
最後のブルーノさんの演説の一節に私は感動しました。
…といいますのも、数日前に私はある人にこう尋ねていたのです。
 
愛とはなんですか? 愛はどこにありますか? …と。
 
改めて愛を考えていたら分からなくなったのです。
 
 
ブルーノさんは演説の最後にこう結びました。
 
 
「愛はいつもそばにあります」
 
 
ありがとうございます。
答えを届けてくださったことに感謝いたします。
 
 
 
 
 
次回 第91回 心のサークル お知らせ
 
 
 【と き】  2018年3月18日(日)、14時~17時 
 
【ところ】 宮城県歯科医師会館(仙台市青葉区国分町1-5-1
 
      4F和室
 
      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。
 
      尚、入口の表示板に、部屋がどこか書いてあります。ご確認お願いします。
 
      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、
 
      わからない時は声をおかけください。
 
      
 
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(8)』の読書会:1章 
 
【持ち物】 上記書籍をご持参ください。
 
【参加費】 喜捨
 
【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。
 
     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!
 
 新しく参加希望の方は、本ブログコメント又は下のメール宛へご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。
 
コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。
 
【メールアドレス】 kokoronosakuru@gmail.com
 
又、これまでのメンバーの皆様は、出欠係の柴田までご連絡ください。

第89回 心のサークル報告

 【と き】  2018年1月21日(日)、14時~17時
【ところ】 宮城県歯科医師会館 4F和室

【参加者】 進行:US、記録:SK

       US、ST、HM、GS、YY、MM、IK SK以上8名

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(7)』の読書会 第11章

 

新年あけましておめでとうございます。

今年最初の心のサークルです。

 

第一回目は常連のメンバー、全員集合でした!

ありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

YYさんが持ってきてくださいました4096ヘルツの音叉--エンジェルチューナーというのだそうです--を部屋の四隅で響かせ、場を浄化。

キーンと澄み切った音に浸ると、自然に心が弾んできます。

浸れてうれしいー♪というこの感覚は、日頃のさまざまな刺激に疲れた心の歪が、その波動で癒されたせいかもしれません。

 

さて、前回に引き続きまして今回もヒーラー・ブルーノグルーニングのDVD・2本目の鑑賞です。

今回は、はじめにシルバーバーチの霊訓を輪読し、そのあとにDVD鑑賞となりました。

 

 

シルバーバーチの霊訓7

11章 なぜ神に祈るのか

 

 

あなたはなぜ神に祈るのですか?と問われたシルバーバーチはこう答えます。

 

それは、私に可能なかぎり最高の”神の概念”に波長を合わせたいという願いの表れなのです。

私は祈りとは魂の憧憬と内省のための手段、つまり抑え難い気持ちを外部へ向けて集中すると同時に、内部へ向けて探照の光を当てる行為であると考えております。

ほんとうの祈りは利己的な動機から発した要望を嘆願することではありません。われわれの心の中に抱く思念は神は先刻ご承知なのです。要望は口に出される前にすでに知れているのです。

 

祈りは、願い事を唱えることとは違うということですね。

波長を合わせる行為。静かな行為ですね。

 

一般的な日本人と神との関係には「願い事」がついてまわっているような気がします。

ずっと以前の話しなんですが、知人が「神なんかいない、神を語るなんてナンセンス」と吐き捨てるように発言していました。

神がいないと豪語するその根拠は、これまで自分は何度も重大な危機にあった。

そんなとき、いつも神に祈った。

----助けてください、と。

けれども一度も助けてもらったことはない。

だから神なんていない。

それを語る彼には怒りがありました。

存在しないはずの神に怒りを向けるなんてそれも矛盾だなぁと思いながら話を拝聴しておりました。

 

彼はどんなことをどんな風に祈ったのだろう。

勝手な行動の後始末だけ頼んだ、なんてことではないのかなぁ。

そうでないにしても、その願いどおりのことが、ベストではない場合もあります。

 

神の存在を論議し合うのは困難です。

彼と、神について語る気は私にはありませんでした。

 

 

P199

では誰に、あるいは何に祈るべきか ―-この問題になると少し厄介です。なぜなら人間一人ひとりに個人差があるからです。人間は必然的に自己の精神的限界によって支配されます。その時点までに理解したものより大きいものは心象として描き得ないのです。

 

 

なるほど個人差ですね。

精神的限界----。

 

最近よく思うのですが、同じ価値観をもっていてさえも、焦点のあてかたが違ったり、見落としがあったりして、同じ現実を、違う現実として生きているのだという事を理解したほうがよいなぁということ。

違う感じ方をしているのだから、反応がさまざまなのは当然。

それが見えると生きやすくなります。

私と他者は、程度の差こそあれ、誰一人として、同じ世界で生きてはいない。

同じ文章や画像を見ていても、違う文章や違う映像なのです。

その原因が、それぞれの精神的限界と表現してもいいのかなぁと思います。。

 

そんな中、この心のサークルのように、似たような精神性をもった仲間たちと出会うという時間は大変ほっとするところです。

 

神を信じない彼と私とは違うカテゴリーで、どちらが正しいとか間違っているとかではなく、それぞれが正しいのだと思います。

その「正しい」は”自分にとって正しい”ということ。

どちらも正しいのですから、偏見や非難の目で見てはいけない。

議論はできるとしても…。

 

私は「本当の正しい」を知りたいと願います。

本当の正しいとは「真理」のことです。

 

 

祈りとはわれわれのまわりに存在するより高いエネルギーに波長を合わせる手段です。

より高い波長を受け入れることができたとき、かくしてわれわれに「本当に必要なもの」が授けられるのです。

 

 

私はシルバーバーチの訓えが真理だと考えています。

 

 

 

さて、ブルーノグルーニングのDVD第二巻の鑑賞です。

 

第一巻と同じように、証言集なのですが、1巻よりももっとブルーノの近いところにいた人々の証言などが加わり、詳しくなっていきます。

 

ブルーノの治療能力は想像以上の性能です。

 

患者がその場にいなくても治るどころか、たとえば、ブルーノを信用していない人に対してでもエネルギーは作用し完治。

実に正確な治療ができるんですねー。

どれだけすごいヒーラーなのか分かります。

 

被害妄想で長い間引きこもりになっていた男性の家族がブルーノに手紙をかいて治療を依頼すると、

1週間後に「○月○日○時○分 何がおきるかみていなさい」という返事が届いたそうです。(わくわくしますね~)

指定された時間の数分前に、突然ひきこもりの彼の部屋のドアがあき、背広を着た彼が(彼が背広を着ること自体が奇跡!)外へ出ていったのだそうです。(行先は公園だったようですが…)

家族は本当に感動したのだという証言

 

次々に弱きものを助けていくブルーノの周りには奇跡で溢れています

その様子を間近で見ていたひとたちが羨ましいなぁと思いました。

どれだけの感動でしょうね^^

 

しかし、これだけのエネルギーを発すると、マイナスのエネルギーも引き寄せてしまうのだと彼自信が発言したという証言がありました。

実際に多くの裏切りにもあったようです。

人は弱い存在なんですね。

悪魔のささやきに乗ってしまった人たち。

彼らは彼らなりに人生から試されていたんですかねぇ。

 

さて、私は大丈夫かな・・・。

 

ブルーノは一銭も治療費を受け取りませんでしたと誰もが証言します。

着ているものはいつも古ぼけたポロシャツとズボン。その恰好だけでもそれが分かる…。

たしかにブルーノのたたずまいは質素です。

 

キリストの顔ってどんな顔なんだろうなぁと想像することがあります。

立派な人ってどんな顔になるのか。なぜか興味ありますよね。

 

ブルーノの顔つきはとても精悍で魅力があります。

すこし影があるようにも見えます。

それは、小さな時から大変な苦労をされたということで、その経験が憂いを醸し出しているのかもしれません。

その影に私は惹かれます。

 

ブルーノのようなすごいヒーラーが現代にいないのだろうか?と 私が言いましたところ

 

いるけど、おおっぴらになっていないだけなんだろう

もし、知られてしまうと、きっと消されてしまう危険があるのだろう。

とメンバーからの応え。

 

限りない善が攻撃されるのが現実の我々が住んでいる世界。

寂しい世界ですね。

そういうところで私たちは生きてるんだなぁ。

どんな因果があったのかなぁ~~。

 

 

さて、今回の報告は以上です!

次回の告知です。

 

ブログを読んで下さっている方々へ

スピリチュアルに興味のある方はいつでも参加お待ちしております。

縁があればお会いしましょう♪

 

 

次回 第90回 心のサークル お知らせ

 【と き】  2018年2月11日(日)、14時~17時 

【ところ】 宮城県歯科医師会館(仙台市青葉区国分町1-5-1

      4F和室

      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。

      尚、入口の表示板に、部屋がどこか書いてあります。ご確認お願いします。

      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、

      わからない時は声をおかけください。

      

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(7)』の読書会:解説 悲劇の霊媒ヘレンダンカン

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。

【参加費】 喜捨

【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。

     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!

 新しく参加希望の方は、本ブログコメント又は下のメール宛へご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。

コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。

【メールアドレス】 kokoronosakuru@gmail.com

又、これまでのメンバーの皆様は、出欠係の柴田までご連絡ください。

第88回心のサークル報告

 
【と き】  2017年12月17日(日)、14時~17時
【ところ】 宮城県歯科医師会館 2F 
【参加者】 進行:US、記録:SK
       US、ST、HM、GS、YY、MM、IK SK以上8名
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(7)』の読書会 第10章
 
今年最後の心のサークルです。
今回は特別バージョン。
前々会で報告しました、偉大なるヒーラー・ブルーノグルーニングのDVD鑑賞をしました。
全部で5時間、DVD3本という長いフィルムのうち、一本目を鑑賞。
このDVDを観るだけでもブルーノ光線を浴びて悪いところは治るかもという、いわくつきのDVDです。
さて、観終わったあと、体調に変化はあるでしょうか?
 
 
あなたがたは歩けます! さあ、お立ちなさい。
 
 
そうブルーノが言うと
車いすに座っていた人々は、最初は落ち着かずおずおずとしました。
もう一度、ブルーノが「歩けるのです。お立ちなさい」と言うと、
 
ひとりが勇気をだして立ち上がりました。
立てた!
そのあとにひとり、ふたりと立ち上がり、歩いたのです。
歩けた!
 
そんな証言集です
 
その場にいたらすごい感動でしょうね。
 
通常の対面治療だけでなく、集まった群衆の前に立っただけで、様々な病気が治ったという証言。
驚異のヒーラーが存在したということ
その事実の意味するところをどう受け取るかはやはり個人個人色々な意見をお持ちと思います。
 
 
治療は自分の力ではなく神からエネルギーで治している、
自分はただの変換機に過ぎないと言い、
治療費はまったく受け取らなかったブルーノ。
 
本物に共通するのは誰しもが謙虚だということです。
 
それは謙虚にならざるを得ないからだと思うのです。
真理を知っていると自然とそうなる。
謙虚でないなら真理を理解していないことになり、偽物もしくは、低級霊の仕業と言ってもよいと私は考えます。
なので、本物と偽物を見分けるのは簡単ともいえるかもしれません。
 
さて、病気・難病さえもヒーリングで治る。
現代医学に慣れ親しみすぎて、なかなかその事実を実感できないものです。
 
スピリチュアリズムを長年勉強している私でも、恥ずかしながらいまだに、そんな奇跡はどこか別のところでしか行われず、自分はその恩恵をうける資格がないどころか、目撃することすらできないのだと、どこか諦めのような気持ちを持っています。
まして一般の人々はそんな奇跡の治療など嘘に違いないと言うでしょう。
 
今回ブルーノさんのビデオを観て、人々の熱気はたしかに伝わってきました。
もし、いま、現代で生きていらっしゃったら、是非体験したいと熱望するだろうと思いました。
 
Uさんから、
たしかにこのビデオの内容は本当だと思う。
キリストの再来のような画像だ。
ひとつだけ疑問がある
 
との指摘がありました。
 
「カルマ」はどうなるのか?
 
病気は過去生のカルマの現れだったり、日頃の行いの結果だったりします。
病気を克服するために生まれた場合や、怒り、悲しみ、孤独、自己批判のエネルギーが体を攻撃し、その結果の病気。
ヒーリングで一瞬にして症状を治してしまっては、カルマを解消するチャンスを奪ってしまうのではないか? 
また、感情などの元々の原因が再度身体に症状を戻してしまうのではないか?
 
それは私も真相を知りたいなと思います。
 
そういえば、ヒーラー・ダスカロスはこう言っていました。
ヒーリングで治ったとしても、習慣や心の持ち方を直さなければ又病気になる。
では、ヒーリングで治す意味があるのですか?との質問に
治った体験はやはり意味があるのだと。
 
但し、ブルーノの場合の証言集では、病気が治ったのは、一瞬だけの現象じゃないかと疑ったけれど、ずっと老いるまで元の病気に戻ることは無かったと証言されてました。
 
 
それにしても、病気が一瞬にして治る。
正直うらやましい話だなぁと思います。
苦しみから解放されるのですからね。
 
 
中には治りたくないという人もいますね。
という話もでました。
 
病気のお陰で保護されていたけれど、治ったら保護が無くなる。
生計を自分でたてなければならない。
厳しい現実が待っている。
 
確かに気持ちは十分にわかります。
 
この世で物質的な生活をしていると、生きることは「戦い」のような気さえしてきますからね。
 
戦いにみんな疲れているんだろうなぁと思います。
スピリチュアリズムに目覚めることは、ゲームでいえば「鍵を見つけた」という感覚なのかもしれません。
「あがり」に近づいた・・・・
 
そうだったらいいなぁ。
もう別の次元へ進みたいなぁとたまに泣き言を言いたくなることしばしばです。
 
でも、昨日より今日のほうが「あがり」に近づいている、ますます進んでいると考えると、気が楽になりますね。
毎日がしあわせへの一歩だと。
 
 
 
そんなわけで、今回はシルバーバーチの読書会に入るまで2時間を要しました。
 
最後の時間でをみんなで輪読しました。
 
 
10章 質問に答える
 
 
DVD鑑賞があったため、10章は輪読のみでタイムオーバー。
みなさんとの意見交換はできませんでした。
今回は忘年会があったので、続きは忘年会で! ということで次の会場へ移動しました。
 
忘年会はいつもにまして賑やかでしたが、このコーナーに書くようなことはあったような、なかったような、^^
 
ということで
このブログを通じて意見交換を試みたいと思います。
 
まずは私の感想、疑問点を書いてみます。
ぜひ皆さんの意見を聞きたいので、よろしければ、コメントでご意見寄せていただければと思います。
 
 
勝手に新企画☆
コメント欄で質疑応答~
 
さて、私の疑問点。
文章が下手でわかりずらいかもしれませんが、みなさまの感覚で解釈してご意見お願いします。
 
 
P179
 
---思念に実態があるというのは本当でしょうか--*
 
地上人類は物的手段によって表現せざるを得ない条件下に置かれた霊的存在ということです。その条件がおのずと思念の作用に限界を生じさせます。なぜなら、地上では思念が物的形態をとるまでは存在に気付かないからです。
 
地上にあるかぎりは思念は仕事や労力や活動の代用とはならないということです。強力な補助とはなっても代用にはなりません。やはり、地上の仕事は五感を使って成就していくべきです。労力を使わずに思念だけで片付けようとするのは邪道です。これも正しい視野でとらえなければいけません。
 
思念について☆
 
霊界では思念が現実を作っていくというのはみなさんの知るところです。
 
では地上でそういうことはないでしょうか?
私は地上でもそれはあるんじゃないかと思っていました。
 
例えば、自分は病気なのじゃないかと心配してそう思いこむ。すると、その心配の念が本当に病気を作ってしまうということはあるとよく言われます。
このように特にネガティブの思念は現実化しやすい傾向にあるような気がします。
つまり、思念の現実化はあると考えてもいいのではないか?
 
この質問をシルバーバーチに質問したら、どう返ってくるのかなぁと、すごく興味があるのですが、この件について、みなさんはどう思われますか?
 
逆にポジティブなことは確かに物質化しないことが多いので、やはり五感の世界で思念はやはり役にたたないのかもしれないとちょっとがっかりという感じもします。
 
又、修行僧などが山籠もりで何かを念じて達成しようとする場合。
それは、期待に添えなくて悪いけど意味がないんだよとシルバーバーチは言ってているような気もします。
 
宝くじがあたってお金持ちになりますようにと強く願う思念とか、事業が成功しますようなど、お願いだけして、行動をしないのは違いますよというのだったら、それは当然だろうなと納得します。
どのレベルでの話なのでしょうかね。
 
心の持ち様をポジティブへ切り替えしようと必死に頑張る思念。
笑いという愛すべきエネルギーが幸運を招くと信じる思念。
ポジティブシンキングが健康運を上げていくと信じる思念。
そういう思念の効能はあるでしょうか?
 
P181 
 
「大戦前にあれほど多くの人間が戦争にならないことを祈ったのに阻止できませんでした。あれなどはその良い例だと思います。
善意の人々にとっては思念の力が頼りです。
 
そうです!
この質問です。
そうなんです。思念の力を頼りにしたいのです!
 
この問いの答えはP182に書かれていますが。私たち人間の思念の使い方がまだ未発達なので、それなりにしか影響しないということでしょうか?
 
ぜひ、みなさまのご意見聞かせてください!
コメントお待ちしています☆
 
 
では次回のお知らせです。
 
 
 

次回 第89回 心のサクル お知らせ

 【と き】  2018年121日(日)、14~17 
【ところ】 宮城県歯科医師会館(仙台市青葉区国分町1-5-1
      和室
      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。
      尚、入口の表示板に、部屋がどこか書いてあります。ご確認お願いします。
      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、
      わからない時は声をおかけください。
      
【内 容】 『シルバチの(7)』の会:11
【持ち物】 上記書籍をご持参ください。
【参加】 喜捨
【参加者】 シルバチの心があり、向上化を目指す方どなたでも。
     日常をれた空で、ともに学びましょう!
 新しく参加希望の方は、本ブログコメント又は下のメル宛へご連絡頂けますと幸いです。お気軽におね下さい。
コメントを入れる認証はすべて半角で入力おいします。
【メルアドレス】 kokoronosakuru@gmail.com
又、これまでのメンバの皆は、出欠の柴田までご連絡ください。

第87回 心のサークル報告

【と き】  2017年1123日(木・祝日)、14時~17時 

【ところ】 仙台市民会館・トークネットホール仙台宮城県仙台市青葉区桜ヶ岡公園4-1

      第一会議室

【参加者】 進行:US、記録:KI

       USHMSKKYUCIK以上6

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(7)』の読書会:9

 

  心のサークルは通常日曜日開催なのですが、 今回は勤労感謝の日で祝日の木曜日開催という運びになりました。スピリチュアルヒーラーのUTさんと、出産後でママになったばかりのKYさんに初めて参加していただきました。

まずは、私IKが愛の聖者amma(アンマ)が行っているマーオーム瞑想の誘導を行いました。マーの音をイメージする時に息を吸い、オームの音をイメージするときに息を吐きます。2017年アンマ来日プログラムにて、アンマのお弟子さんのシャンタジが行っているマーオーム瞑想をメモしてきました。私が、だいたい毎月この心のサークルで行っています。

次に、スピリチュアルヒーラーのUTさんにガヤトリーマントラを唱えていただきました。UTさんのマントラサンスクリット語の発音が完璧で、声が美しく、愛の祈りとして耳に心地よいのです。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 最後に、主宰のUSさんのシルババーチの祈りhttp://sbspswhaf.net/sb-inori-0.html を行っていただきました。 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『シルバー・バーチの霊訓(7)』

9章 悩み多きインド 

インドほど私が影響を受けている国はないと思います。そのインドと関わる章が私の担当になったのも、必然なのかもしれません。

私の師の1人である鈴木健二(元NHKアナウンサー)が私に言った言葉があります。

「インドについて学んでみなさい。インドが貴方を助けてくれるでしょう。」

その時に受けたあおもり塾という人間塾で、レポートの課題に読んだ本が「ヒンドゥー」についての本だったからです。

師の言葉がその通りになるなんて思いもしませんでした。ちなみに、鈴木先生もインドが大好きな人間とおっしゃっています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

インドのボンベイの新聞〝フリープレス・ジャーナル〟のロンドン特派員シュリダール・テルカール氏がハンネン・スワッハー氏との不思議な出会いからシルバーバーチの交霊会に招かれたテルカール氏の記事が今回の章を作っています。

当時のインドが抱える問題。1つは、英国の植民地支配下にあった事実でしょう。東インド会社による貿易を英国は行っていましたが、インドの綿花やスパイスや紅茶などを安い賃金で奪う英国の属国になっていたのです。そのため、人々からは生きる希望が奪われていたのです。

もう1つは、以前からあるヒンドゥの差別です。もともと宗教ではなく、ヒンドゥとは土着の信仰を基盤とした生活習慣でした。その教えの中にカースト制度世襲的階級制度)という制度があります。カースト制度の示す階級に生まれたものは、その階級によって職業や結婚などに制限を受けます。バラモンクシャトリヤヴァイシャシュードラの4つの身分に大きく分けられます。それには生前のカルマによる考え方も絡んでくるのですが、完全な差別といえると思います。

 

P166 テルカロール氏:「私は人間はすべて自由であるべきだと思います。私の国民は今大きな苦しみを味わっております。インドの魂は悶え苦しんでいると私はみています。今日インドには立派な人がいることはいます。

インド国民の霊的意識を高揚させ、霊力の貯蔵庫の恩恵にあずからせるべく献身的生活をしている霊覚者がいて、インドをイギリスの支配から独立させ、平和と幸福と自由を得るために闘っております。私たちの国民がそこまで到達する方法、あるいは道があるのでしょうか」

 

この問題について、シルバーバーチはこのように語っています。

 

P167 シルバーバーチ「いいですか。インドは今、過去に蒔いたタネを刈り取っているところだということを知ってください。宇宙は法則によって支配されております。原因と結果の法則です。私の声は───そして地上の物的束縛から解放された者たちの声もみなそうですが───自由と解放と寛容の大切さを強調します。が、

血なまぐさい戦争の結果として生じた複雑な問題が一気に解決できるわけがありません。国民が勝手にこれが自由だと思いこみ、それ以外の自由を望まない国民を安易に解放するわけには行かないでしょう。自由には必ず条件が付きものだからです。何の拘束も無い自由と言うものは無いのです。

〝自由な自由〟というものは無いのです。自由というのは、その自由がもし無条件なものとなったらかえって侵害されかねない〝自由の恩恵〟を味わうために、ある程度の制約が必要なのです。

 インドはこれまで幾世紀にもわたって、勝手にこしらえた信仰に縛られてきたがために生じた暗黒が支配しています。無数の国民が間違った偶像を崇拝し、それに神性と絶対力があるかに思い、それ以外の神々を認めることを拒否します。それによって人間の霊性が束縛され、隷属させられ、抑圧されております。

わけの分らない概念で戸惑わせるばかりの複雑な教義でがんじがらめにされております。

 さて、そうした彼らを救出してあげなければならないのですが、何世紀にもわたって積み重ねられてきたものをたった一日で元に戻す方法はありません。インド民族はまだ寛容の精神が身に付いておりません。

神の前において人類はすべて平等であること、誰一人として神の特別の寵愛を受ける者はいないこと、無私の奉仕に献身した者だけが神の恩寵にあずかるという教えが理解できておりません。

 改めなければならないことが沢山あります。永い間暗闇の中で暮らしてきた者は一度に真理の光を見ることができません。そんなことをしたら目が眩んでしまいます。仕事は一人ひとりが自分の力で、牢獄となってしまった宗教的束縛から脱け出ることから始まります。

その束縛を打ち破ってしまえば、より大きな自由を手にすることが出来ます。すなわち他人の権利を認めてあげられる心のゆとりです。

 人間の霊には教義やカースト世襲的階級制度)を超えてすべてを結びつける要素があるとこと、民族全体が一つの兄弟関係にあることを理解出来る人が大多数を占めるようになれば、もはやその民族を隷属させる権力者も支配者もいなくなります。なぜなら、すでにその民族は自らの努力によって獲得した魂の自由を駆使できる段階まで到達している筈だからです。

 まずは献身的奉仕精神に目覚めた、ひとにぎりの誠心誠意の人物が出現すればいいのです。その人たちによって多くの難問解決への道が切り開かれ、暗闇に光明を灯す糸口がつかめるでしょうが、そのためには、その人たちは〝我〟を超越し〝宗派〟を超越し、〝教義〟と〝カースト〟を超越して、インド民族のすべてが広大な宇宙の一員であること、その一人ひとりに存在の意味があることを率直にそして謙虚に認められるようにならなければいけません。

あれほどの宗教国家においてあれほどの暗黒が存在するとは、何という矛盾でしょう。あれだけの裕福な階級がある一方で、あれほどの貧民階級が存在するとは、何という矛盾でしょう!

 

 インドの抱えた問題は、誤ったカースト制度(世襲的階級制度)を元に広がった人種差別が英国の侵略の標的にされてしまったことをシルバーバーチ霊は明確に答えているではありませんか?

(*^▽^*)。

「献身的奉仕精神に目覚めた、ひとにぎりの誠心誠意の人物」とは、マハトマ・ガンジーネールのことを示すのかもしれませんね。

いいえ。インドには、マハトマ(偉大なる魂)と称されたヨギが何人もいるんです。

少しご紹介させていただきます。詳しくは、リンクを御覧くださいね~。

 

P170 テルカロール氏:シルバーバーチの霊言を聞いていて私は、その言葉に深い真理があることに気づいた。その訓え───インド民族への霊的メッセージに秘められた叡知に大きな感動を覚えた。最も、末節的には賛成しかねる部分もあった。

現在のインド民族の大半がヒンズー教徒の信者であるが、今日のヒンズー教徒はべーダとウパニシャッド(ともにバラモン教の根本教典で最高の宗教哲学書とされている───訳者)をもとにした純粋のヒンズー教徒ではなくなっている。べーダとウパ二シャッドの教えはまさにシルバーバーチの訓えそのものなのである。

 

そうなんです。テルカロール氏がおっしゃるように、シルバーバーチの霊訓集の叡智はインドのヴェーダウパニシャッドの内容と変わらないのです。

( *´艸`)

私はヨーガや瞑想を通してインド哲学を学んできましたが、シルバーバーチの霊訓集の中に全く変わらないものを感じていたのは、間違いではありませんでした。

真理に新しいとか古いはなく、変わりはないのですね!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

では、ここでメンバーのコメントを紹介したいと思います!

✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

 

  • インドでは、ヒンドゥなどの影響でヴェーダウパニシャッドが歪められているのかもしれません。(USさん)
  • 光の世界についていけない人がいます。それを踏まえて、人にはそれぞれできることで奉仕できると思います。※ マイケル・J・ローズの本の内容を例に、お話しいただきました。(UTさん)
  • 執着は誰もしたくないが、人は心の傷に執着し捨てきれないものもあります。(USさん)
  • せめて、その心の傷に気づくことが大切なのでは?(IKさん)
  • 自己憐憫を受け入れて、生きていきたい。どんな私でもあるがままでいたい。(SKさん)
  • 利他愛を持って、人の為に尽くせばよいのでは?そうすれば、傷ついた自分も肯定するようになります。(USさん)
  • 自分に余裕がないと人の苦しみに振り回され、自分も保てません。(UTさん)
  • 家族に問題を抱えていて、奉仕をしている人もいるがまずは自分の家を考えることが大切です。(USさん)
  • サイキック能力とスピリチュアル能力とは違います。サイキック能力があっても、霊性が高いわけではありません。(UTさん)

 

まだまだつきないメンバーの話ですが、今日はここまでにします。

( ^^) _U~~

おおおっと、最後に・・・。この章に出てきたインドの詩人タゴールの大好きな詩をご紹介します。

★ 汝が声誰も聞かずば、一人歩め、一人歩め

ラビンドラナート・タゴール ※ これは、ガンジーが好きだった詩です。

 

次回 第88回 心のサークル お知らせ

 【と き】  20181223日(日)、14時~17時 

【ところ】 宮城県歯科医師会館(仙台市青葉区国分町1-5-1

      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。

      尚、入口の表示板に、部屋がどこか書いてあります。ご確認お願いします。

      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、

      わからない時は声をおかけください。      

【内 容】 ヒーラー・ブルーノグルーニングのDVD鑑賞 及び

『シルバー・バーチの霊訓(7)』の読書会:10

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。

【参加費】 喜捨

【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。

     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!

 新しく参加希望の方は、本ブログコメント又は下のメール宛へご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。

コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。

【メールアドレス】 kokoronosakuru@gmail.com

又、これまでのメンバーの皆様は、出欠係の柴田までご連絡ください。

第86回心のサークル報告

【と き】 2017年10月29日(日)、14時~17時

【ところ】 宮城県歯科医師会館 4F和室

【参加者】 進行:US、記録:SK

       US、HM、GS、IK SK以上5名

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(7)』の読書会 第8章

 

 

心のサークル進行役USさんは別の会、気診を学ぶ「宮城気友会」も主宰しています。

いつのころからか、気友会と心のサークルが同じ日・場所で開催されるようになり、12時から気友会、引き続きメンバーを少々入れ替えて14時から心のサークルに引き継ぎます。

この日は、MMさんが、気友会で「ブルーノ・グルーニング現象」についてみなさんとシェアしていたようです。

ブルーノグルーニング:1900年代に活動していたドイツのたぐいまれなヒーラー。

そのドキュメンタリー映画のDVDをお持ちになり、映画を見るだけで癒されるという奇跡の現象についてプレゼンされていました。

 

14時になり、心のサークルでも引き続きこの話でしばらく盛り上がりました。

今度、メンバー全員でDVDの鑑賞をしましょうか?という話になり、MMさんが退室。

 

記録係のわたくしSKは、帰宅後、YOU TUBEでDVDの一部分だけを観てみました。

キリストのようだなぁという印象でした。

大勢の人がブルーノさんを求めて行進していく様子。

ブルーノさんが演説をするだけで、次々と病が癒えていくという証言。

私が想像していた、キリストの姿とぴったりと一致します。

そうこうするうちにIKさんが遅れて到着。

そろそろ読書会始めましょうか? と、いつもの通りゆったりな感じで会は始りました。  

IKさんのアンマの瞑想にチベタンベルの音を加え(エキゾチックな響きもまた素敵です)、場を整えてUSさんがシルバーバーチの祈りを唱え読書会スタートです。

 

『シルバチの(7)』

8章 大きくなったルスとポ

 

降霊会参加メンバーのお子さん・ルースとポールは毎年クリスマスになると降霊会に参加し、シルバーバーチとお話をします。

何度か霊訓の中でも登場するので、読者にとっても馴染みになってきました。

 

 

 

質疑応答形式で記録されています。

 

死に方がどう死後に影響するのですか?

死後の階層の違いは何できまりますか?

「神」とは?

一般の宗教と違うのはなぜ?

 

このような質問に、子供だましではなくちゃんと答えが返ってくる贅沢さ!

そんな経験を子供のうちに持つと、生き方がまるで違ってきそうですね。

そのあと、どんな大人になったのか気になるところです。

 

 

スピリチュアルとサイキックとの違い

 

なんと、サイキックには霊界はまったく関係していないとのことです。

わたしも今回はじめてこの二つの違いに明確な差があることを知りました。

サイキックに神々しさがなかったのはそういう理由だったんだなぁと納得です☆

 

質疑応答一部抜粋します。

 

ルース

「人間は進歩するほど神について複雑な考え方をするようになり、複雑になるほど真実から遠ざかっていくのではないでしょうか」

 

シルバーバーチ

「本当の意味の進歩であればそういうことにはなりません。実は”脳”ばかり発達して、”精神”や”霊”の発達がともなっていないことがあるのです。すると頭のいい人が多くなりますが、頭がいいということは必ずしも偉大な魂、あるいは偉大な精神の持ち主ということにはならないのです。

 

P149ではこう表現しています。

「人類は物質的な面で大きく飛躍しました。-------------しかし、同じ発達が精神面と霊的な面に見られないのです。人類は---物質面だけが異常に成長してしまいました。-------それが利己主義という、地上でもっとも厄介な罪を生むことになったのです。 

50年前ですら…なのに、今や更にその何倍もの物質面は成長しました。

異常がさらに加速したのです。 

もう十分!と思いませんか? 

行き詰りの時代になってきたような、、もしくは、大転換して別の方向へ修正するタイミングに突入したような、そんな気配をスピリチュアリストじゃなくとも感じている人は多いのではないでしょうか。

 

アセンションの噂が囁かれていますが現実味を帯びてきました。

記録者の特権で、横道にそれます!

ある方に勧められた本の一部を紹介します。 

シルバーバーチは、心配や取り越し苦労はやめましょうと口を酸っぱくして教えてくださいます。

それを何度聞いても、その通りだとわかってはいても、なかなか自分の心を自在にコントロールすることはできません。

どうすればいいんだ! と本当に自分が情けなくなってしまうのですが。

これは、トレーニングなのだと改めて思いました。

でも、どんなトレーニングが必要なのでしょうか?

  

意識的に生活する。

自分の心を鍛える。

  

はいはい、そんなのわかってますよ、そんな抽象的な言葉はこれまでだって何度もみましたよ、、、、と、つぶやいたあなた!

目を離すのはもう少しお待ちください。

 

 私は次の文章を読んで、 具体的方法見つけたり!と膝を叩きました。

 

 

信頼することを身につけるためには。 

あるふたつの魂の会話から学びます。

  

M「信頼は学ばなければなりません。たとえば、私があなたを信頼して、あなたは私を失望させます」

 

A『私は決してそんなことは…』

 

M「ああ、邪魔しないでください。あなたは私を失望させます。私はあなたを信頼しつづけます。あなたは失望させ、それでも私はあなたを信頼しつづけ、あなたは失望させ、なお私は信頼しつづけ、あなたはがっかりさせ……。今や私は信頼のエネルギーを築き、育てはじめています。あなたを信頼しつづけ、あなたは失望させ、私は信頼しつづけ、あなたは失望させる。私の信頼は、より早く、より強く育っています。私のエネルギーフィールドに、信頼のエネルギーを作りつつあります。私は信頼しつづけ、あなたは失望させ、私は信頼しつづけ……。そして私の信頼は確かなものになります。私が信頼しつづけることで、あなたは信頼されることを学びました。信頼とは私が期待したこと、願った事をあな たがするかどうかではないことを、私は学びました。信頼とは、結果がどうあれ、信頼しつづけることから育つエネルギーです。植物を育てるのと同じですが、それよりも忍耐が必要です。自分を愛することもまったく同じです。無条件に愛することで、愛を育てます。私たちはずっと自分を、またお互いを、評価してきました。批判してきました。そうして、自分を小さくしているのです。ずっとです。今、生命であり神であり自然が、それはもうたくさんだといっています。人類の長い歴史の中で、ついに十分すぎる地点に達したのです」

 

 

守護霊様は私のことを愛してくださっています。けれど、私は私自身を愛することが出来ないでいました。間違ったことばかりするからです。

私は愛するというエネルギーを育てることをしてきませんでした。方法が分からなかったのです。

自分を愛する事ができなければ、他者のことを愛することができません。

愛する能力。

そのトレーニングをするにはこうするんですよ、という文章です。 

そうか、そういうことか!

なんどもなんどもがっかりしても、愛し続ける。

がっかりさせられること自体もトレーニングなので、それも感謝なのです。

やれるような気がする、そんな手ごたえを感じました。

とても、感動したので、皆様にも読んで頂きたくご紹介でした。

誰の本か? ですか?

マイケル J ローズ 「次元シフトのとき」でした。

 

*Uさんのコメント

スピリチュアルとサイキックについては、もう少し説明します。スピリチュアリズムに特化した研究会である日本スピリチュアル・ヒーラーグループでは、スピリチュアル・ヒーリングについて、以下のように三つに分類して説明しています。これによれば、スピリットとサイキックと置き換えても良いでしょう。

 

スピリチュアル・ヒーリング(心霊的な治療法)は、不調和状態に陥っている患者の異常な部分に働きかけ、正常化することで病気を治します。その際、用いられるのが“治療エネルギー”です。

人間は「霊」「霊の心」「霊体」「肉体」によって構成されていますが、最も次元の高い構成要素は「霊」であり、そこから順に霊的レベルは下がっていきます。したがって最も霊的純度の高い治療エネルギーでないかぎり、患者の「霊」の領域に働きかけることはできません。この「霊」に働きかけることができるきわめて霊的純度の高い治療エネルギーが「霊エネルギー(スピリット・エネルギー)」です。霊体に対しては、「霊エネルギー」ほど霊的純度が高くなくても働きかけることができます。それが「霊体エネルギー(サイキック・エネルギー)」です。そして最低次元の肉体を活性化することができるエネルギーが「肉体エネルギー(マグネティック・エネルギー)」です。

このように一口に“治療エネルギー”と言っても、その霊的純度にはピンからキリまであり、それに応じて患者の異常領域への働きかけが違ってきます。治療エネルギーの霊的純度は、「霊エネルギー(スピリット・エネルギー)」「霊体エネルギー(サイキック・エネルギー)」「肉体エネルギー(マグネティック・エネルギー)」の順に下がります言うまでもなく、この3種類の治療エネルギーの中で最も治療効果が高いものは、根源的エネルギーである「霊エネルギー」です)。『日本スピリチュアル・ヒーラーグループのHPより引用』

 

 

さて、次回の心のサクルは所をえての催です。 

お気をつけくださいませ☆!!

 

 

次回 第87回 心のサクル お知らせ

 

 

【と き】  2017年1123日(木祝日)、14~17 

【ところ】 仙台市民会クネットホル仙台宮城県仙台市青葉区桜ヶ岡公園4-1

      第一会

      予名は「心のサクル 友会」でお探しください。

【内 容】 『シルバチの(7)』の会:9

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。

【参加】 喜捨

【参加者】 シルバチの心があり、向上化を目指す方どなたでも。

     日常をれた空で、ともに学びましょう!

 新しく参加希望の方は、本ブログコメント又は下のメル宛へご連絡頂けますと幸いです。お気軽におね下さい。

コメントを入れる認証はすべて半角で入力おいします。

【メルアドレス】 kokoronosakuru@gmail.com

又、これまでのメンバの皆は、出欠の柴田まで事前にお知らせしているメルにて出欠のご連絡をおいします

 

第85回 心のサークル報告

【と き】 2017年9月24日(日)、14時~17時
【ところ】 宮城県歯科医師会館 会議室2 
【参加者】 進行:US、記録:SK
       US、ST、HM、GS、MM、IK、WM、SK以上8名
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(7)』の読書会:7章、談話
 
こんにちは。
第85回目です☆
久々にWMさんの参加もあり、女性4名、男性4名でにぎやかに開催です。
 
雑談をしばらくした後に、まずはMMさんが音叉で場の浄化をしてくださりました。
両手に音叉を持ち、音叉同志で叩く。
なんとも複雑な音が奏でられます。
 
重なり合う音は思考を超え、ただ感じる世界へ誘われたような気がしました。
 
同じように鳴らしても、音のこもるエリアと、スーッと吸い込まれるような音のエリアがありました。
気が滞っていると、音がこもるのだそうです。
 
場の気を整えた後、こんどは身体に対してです。
別の音叉に持ち替え、別の波動で、メンバーそれぞれの体の気も開いてくださりました。
絶え間なく鳴る音で満たされた空気は確かにとても気持ちがよかったです。
 
今回の音叉は、陰陽5行の、木火土金水の「金」と「土」を組み合わせ、テーマはあきらめから、喜びワクワクへ…
とのことでした。
 
みなさまいかがでしたか?
私はとってもスッキリしました。
 
そのあと、IKさんがアンマの誘導瞑想を行い、USさんがシルバーバーチの祈りを唱え、音読の開始です。
 
 
7章 真理は法律では縛れない
 
 
50年前に霊能者ヘレン・ダンカンが投獄されました。
スピリチュアリズムの危機があった時の降霊会のようです。
 
真理の行進を阻止できる力は地上には存在しません。--------いかなる官憲の力、いかなる政治力、いかなる国家権力をもってしても地上から霊力を駆逐することは出来ません。
(p104)
霊にめざめた者が、不安や恐怖を抱くほどのものは何一つありません。忠誠心と自信とをもち、背後より支援してくれるその力の存在を忘れることなく、真理はいかなる反抗勢力に遭っても、真理であるゆえに耐え抜くものであることを確信して邁進すべきです。(p107)
 
シルバーバーチはこう述べ、スピリチュアリズムの流れは確実に広がっていくと予言しています。
 
現代。
たしかに、スピリチュアリズムは一般社会の中に浸透しつつあるように思えます。
魔法的な扱いから真摯なものまで、その程度の差はあるにせよ、昔よりもずっと、多くの人が目にしたり耳にしたりしています。
 
日本でスピリチュアリズムが一般的に広まったのは、いつごろだろうと振り返ってみます。
もちろん、進歩的な人々は随分前から知っていたと思いますが、「一般的に」といえば、丹波哲郎さんの存在をなくしては語れないと思います。
丹波さんはご自身の事を「霊界の宣伝マン」と仰って、みんなを笑わせていました。
 
その頃、スピリチュアリズムを全く知らなかった私でしたが、丹波さんの話はとても面白くて、笑えて、そしていつも思ったのが、なぜかワクワクするということです。
彼がメディアの前で霊界の話をするのを聞くのがとても楽しみでした。
 
あのころの私は、あれは丹波さんの奇妙な性格が言わせるものであって、想像上の話であり、昔の人の言い伝えを超えるものではなく、変人の丹波さんだから公に話せるのだと思っていました。
ある種のネタ的なそんな感じです。
今になって思えば、丹波さんは実に真面目に仰っていたんですよね。
いまならわかります。
それにしても「霊界の宣伝マン」というネーミング、ナイスですね^^
 
スピリチュアリズムを勉強していくと、色々な事を得心していきます。
たとえば、神とは、人格的な存在ではなく、完全な愛の「法則」であるということ。
 
こう言うと、一般の人はがっかりするかもしれません。
私も最初はなんとなく物足りないようなそんな気がしました。
けれど、勉強するにつれて、違和感がなくなりました。
むしろ、その方が理解しやすいと思えます。
 
法則がわかると、どう生きたらよいかわかってくる。
できるかどうかは別として、法則がわかると、理性的になれるような気がします。
 
法則なら、どんな人にも公平です。
自動的に判断されますから、特別にあなただけ♡ ってなことにはならないわけです。
その法則が完全で、愛なのであれば、完璧☆!ということです。
 
限界のある人格的な神よりも、ずっと大きくて、それでいて身近で、たよりになるなぁとも思えたりします。
とはいっても、まだ時々、いえ、ちょくちょくわからなくなりますが、、まだ、未熟なもんで、、。
けれど、心を調整する奥義みたいなものを知っているというだけでも、ずいぶんと生き方が違ってくると思われます。
 
そして、スピリチュアリストにはその法則を知らない人々へ伝える使命があります。
そんなスピリチュアリストを助けてくれる仕組みもあります。
 
霊界には、いついかなる時もイスピレーションによる指導と鼓舞の手段を用意した霊の大軍が控えております。真剣に求めてしかも何一つ手にすることができないということは絶対にありません。求めるものには必ず援助と指導とが与えられます。
 
霊訓の中には「絶対に」「必ず」というような単語が多く出ます。
私たちは、それを信頼し、安心して身を委ね、霊性の進化を目指す事ができれば、きっと、この世での使命を果たすことができるのでしょう
 
 
さて、こんな事をメンバーのみなさんに聞いてみました。
 
なぜ、スピリチュアリズムを信じたのですか?
なぜ、信じられるようになったのでしょうか?
 
みなさんには皆、小さい時から「こういうことが好きだった」という共通項がありました。
 
なぜ、信じたのか?
 
たぶん、それぞれが小さな時から、真理を求めていたのだと思います。
既成の宗教のなかにあった矛盾、教えてくれなかった事。
スピリチュアリズムにはその答えがあった。
明解な答えがあった。
なぜ生まれてきたのか、ちゃんと教えてくれた。
苦難にも理由があった。
死後の世界も教えてくれた。
救われた。
----から。
 
スピリチュアリズムは、生きる理由や仕組みを知ることによって苦難が苦難ではなくなってくるのです。
 
 
スピリチュアリストがスピリチュアリズムの発信者になり、
地上の暗闇に灯る灯台になることができますように。
そんな役目を果たせることができますようにお導き下さい。
 
 
---------------------------------------------------------------
 
次回 第86回 心のサークル お知らせ
 
 
【と き】  2017年10月29日(日)、14時~17時 
【ところ】 宮城県歯科医師会館(仙台市青葉区国分町1-5-1
      会議室2
      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。
      尚、入口の表示板に、部屋がどこか書いてあります。ご確認お願いします。
      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、
      わからない時は声をおかけください。
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(7)』の読書会:8章
【持ち物】 上記書籍をご持参ください。
【参加費】 喜捨
【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。
     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!
 新しく参加希望の方は、本ブログコメント又は下のメール宛へご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。
コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。
【メールアドレス】 kokoronosakuru@gmail.com
又、これまでのメンバーの皆様は、出欠係の柴田まで事前にお知らせしているメールにて出欠のご連絡をお願いします