心のサークル(blog版)

スピリチュアリズム学習会用のブログです。

第59回 心のサークル 報告

 

【と き】 2015年7月19日(日)、14時~17時

【ところ】 ハーモニーサロンM

【参加者】 進行:US、記録:AN

      IK、GK、SK、ST、SN  以上7名

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(5)』の読書会:5章、談話

 

 我々人間の生活は、取捨選択の連続と言えそうです。食べる物や着る物、そして言動においても選択や決定の連続ですね。“知識は力なり”といいますが、経験から得られた知識や教訓が正しい選択へと導いてくれるのでしょう。しかし経験には辛いものもありますが、決して無駄なものは無いと多くの先人達が呼び掛けてくれております。シルバーバーチもそのお一人ですね。ならば過ぎ去った事に捉われず、逆に学ばせて頂いたことに感謝して笑顔で過去に手を振りましょう!そんな前向きな気持ちになれるのは、スピリチュアリズや真理を学んだお蔭です。私は日常生活では優柔不断な迷い子ですが、背後の霊の導きと周りの人々の支援のお蔭で今日ここに在ることができるのです。感謝いたします!

 さて、世界はTPPや株価暴落、その他多くの駆け引きで毎日揺れ動いています。このゴタゴタが納まる時は来るのでしょうか?シルバーバーチは、「自己中心の物質第一主義に根ざした古い時代は終わり新しい時代が誕生している」と説いておりますが、その明るい未来の到来のためには世界中の人々の意識の変化が必要です。それは「素朴な真理の理解」か「霊的パワーの感得」か。我々は来るべき実践のチャンスに備えて学び、霊人たちの期待に応えていきたいものですね。

 

≪ 5章 迷いの過去から悟りの未来へ ≫ より抜粋、引用

スピリチュアリズムの目指すべき方向とは

スピリチュアリズムの前途には大きな仕事が待ち受けている。霊的交信の目的はただ単に地上の人間に慰めをもたらすことではなく、生命の法則について精神的側面、道徳的側面、物的側面、ならびに霊的側面から理解を深めるように指導し、身体的に不健全な人が少なくなると同時に霊的に未熟な人も少なくしていくことが我々の使命の一端です」

 

「私たちの努力目標は、人類が幻を追い求め影を崇めることのないように、霊的真理の実在を得心させることによって、人生観を誤った信仰でなく確実な知識の上に確立し、大自然の法則に基づいた本当の宗教心を持ち、あらゆる試練、あらゆる苦難に耐えていけるようにしてあげることです。私たちの使命は霊的使命なのです」

 

「私たちには霊力というパワーがあります。これは宇宙の全生命を生み、それに形態を与えている力です。正しい環境と条件さえ整えてくれれば、私たちはそのパワーであなた方を導き、保護し、援助することができます。そしてあなた方を通じて顕現した霊力がさらに他の人へも波及して、その人達も霊的パワーを感得できるようになるのです。前途は決して容易ではありません。しかし協調精神をもって臨み、平和的解決を希求し、慈悲心に裏打ちされた公正を求め、憎しみと復讐心に根ざした観念を完全に排除して臨めば、明るい未来をすぐ近くまで招来することができるでしょう」

 

◆人類の永い迷いの過去について

「人類を先導すべき人達、霊的指導者であるべき人達自らが盲目だったのです。宗教的体系をこしらえ、その上に教義とドグマで上部構造を築きました。儀式と祭礼を発明しました。教会(キリスト教)、寺院(仏教)、礼拝堂(ユダヤ教)、モスク(イスラム教)等々を建造しました。神とその子等との間に仕切りを設けたのです。それぞれに経典をこしらえ、かんかんがくがく、宗教家としての第一の心掛けであるべき愛の心を忘れ、その上憎悪と敵意をもって論争を繰り返してきました」

 

「予言者、霊覚者、哲人、聖者の類をすべて追い払いました。腐敗した組織にはもはや神の生きた声が聞かれる場が無くなってしまいました。全ての権力を聖職者に帰属させ、神へ近付ける力は自分たち以外には無いことにしてしまいました」

 

◆人類史上の大革命を生み出したのは霊の力

「素朴な男性や女性が霊感に鼓舞されて素朴なメッセージを威信をもって語り、それを素朴な平凡人がよろこんで聞いたのです。今その霊力がかつてと同じ“しるしと奇跡”を伴って再び顕現しております。目の見えなかった人に光が戻り、耳の聞こえなかった人が聴覚を取り戻し、病の人が健康を回復しております。邪霊を払い、憑依霊を取り除き、肉親を失った人たちに慰めをもたらしております」

 

「多くの魂が目を覚まし、霊の大軍が存分にその威力を見せることが出来るようになりました。“死”の恐怖を取り除き、“愛”が死後もなお続きその望みを成就している事実を示すことができるようになりました。

・インスピレーションは(イエスの時代に限らず)今なお届けられるものであること。

・人間の心は(他界した時点のままでなく)死後も改めていくことができること。

・(宗教的束縛から)精神を解放することが可能であること。

・自己改革への道が(宗教的教義に関係なく)開かれていること。

・(宗教的活動から離れたところにも)自分を役立てる機会はいくらでもあること。

霊力に鼓舞されて報酬を求めずこの世的な富への欲求をもたずに“良い知らせ”を教えてあげたい一心で、全ての人に分け隔てなく近づく用意の出来た魂が存在している事実を立証しております」

 

「これほどまで分かりやすい話、人生の本質をこれほど簡明に解き明かしてくれる話に耳を傾けようとしない人が多いのは一体なぜでしょうか。光明を手にすることができるのになぜ多くの人が暗黒への道を好むのでしょうか。しかし我々は大きな進歩をとげております。もはや絶望の戦いではなくなりました。自己中心の物質第一主義に根ざした古い時代は終わり、新しい時代が誕生しているのです。かつて地上において強者や権力者によって蔑まれる真理を護るために全てを犠牲にした人々――その人達が今霊界から見下ろし、霊的大軍の勝利を確信しております」

 

◆霊的事実を説くことで尊敬される時代へ

「我々はもはや軽蔑の対象とされていたかつての少数派ではありません。科学的立証を得て、やはり事実だったと確信した堂々たる大軍であり、恥じることない社会的地位を獲得し、霊的事実の福音を誇りをもって説いております。霊的な事を口にしても軽蔑されることはもうありません。それは過去の無知な人間がしたことです。今はそれを知っていることで尊敬される時代です」

 *進行役 Uさんのコメント*

シルバーバーチの霊訓」第5巻の時代背景からすると第二次世界大戦前後の社会的背景があるとは、思われますが、あれから70年余経った現在も中東を中心に戦火の静まる気配はありません。むしろ、日本でも戦争への参加が危惧される法改正が行われようとしています。戦争に巻き込まれないように大いに国民的論議を盛り上げていただきたいと今日この頃です。霊的真理に目覚めた者にとっては、戦争によってもさらに核の抑止力によっても真の平和が訪れないことは自明の理です。人種を超え、肌の色を超え、あらゆる差別を超えて、世界中の人間が友達となる四海同胞の精神を持ってしか世界平和は訪れないでしょう。そして、神の愛の前にすがるしか無いのです。日々霊的真理を説くことが、私達霊的真理に目覚めた者の一義的な役目と言えます。目に見えぬ霊的大群の力を得て、霊的真理の普及にこれからも邁進してまいりましょう!

 

 

 

 

 

 

~ 次回 “第60回 心のサークル”のご案内 ~

【と き】  2015年8月23日(日)、14時~17時  

【ところ】 ハーモニーサロンM(仙台市青葉区宮町3-6-46)

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(5)』の読書会:6章、談話

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。

【参加費】 無料

【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。

     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!

参加希望の方はご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。

           Tel/ 022-398-3540(荒川)