心のサークル(blog版)

スピリチュアリズム学習会用のブログです。

第83回心のサークル報告

【と き】  2017年7月30日(日)、14時~17時 

【ところ】 宮城県歯科医師会館(仙台市青葉区国分町1-5-1)

      会議室2

【参加者】 進行:US

       US、GS、YY、ST、IK(m)、HM、SK、IK(f)、MM 以上9名

 

 

以下書籍の読書会が行われました。

 

シルバーバーチの霊訓(7)

第5章 懲罰と報復

 

第二次大戦の戦勝国側の質問者とシルバーバーチとの問答が述べられています。

 

懲罰: シルバーバーチは懲罰についてさまざまな表現を用いて見解を述べています。

「人間が人間を裁く権利はありません。」

「裁く権利があるのは、宇宙の法則すなわち神だけです。」

というような表現で他の巻でも述べられているようです。

その理由は、人間はすべて例外なく不完全であり、不完全な者が不完全な者を正しく裁くことは不可能だから、ということのようです。

 

報復: 報復というのは一種の復讐だと考えられます。

「復讐をしてはならない」という教えは、すでに2000前にイエス新約聖書の中で説いているようです。

シルバーバーチは、基本的に人間による人間の懲罰には反対ですが、もしやるとしても報復的な懲罰はすべきではないと述べていると思われます。

人間の霊性がまだ未熟だった時代は、モーゼの十戒ハンムラビ法典のような報復的な懲罰が普通でしたが、霊性がここまで進化した現代においては、懲罰的な要素を排し矯正的な目的をもったものに改めていくだと述べていると思われます。

戦争においても、犯罪においても、復讐的懲罰は新たな復讐心を生み出します。いわゆる「復讐の連鎖」です。

「モーゼスの霊訓」によると、「死刑制度で処刑された者は、霊界から地上の人間に対して復讐をして来る」と述べているようです。

 

※善悪についての参考文献-シルバーバーチの霊訓(12)P.96より

(6)“悪”とは何かということを見きわめておく必要があります。地上生活の究極の目的は“死”と呼ばれている現象のあとに待ちかまえている次の生活舞台にそなえて、内部の霊性を開発することにあります。開発するほど洞察力が深まります。霊性が開発され進歩するにつれて自動的に他人に対して寛大になり憐みを覚えるようになります。これは、悪や残忍さや不正に対して寛大であれという意味ではありません。相手は自分より知らないのだという認識から生まれる一種の“我慢”です。人間は往々にして自分のしていることの意味が分からずに、まったくの無知から行為に出ていることがあるものです。そこがあなたの我慢のしどころです。それは悪を放任し黙認してしまうことではありません。それは我慢ではなく目の前の現実に目をつむることです。真の意味の寛大さには洞察力が伴います。そして、いつでも援助の手を差しのべる用意ができていなければなりません。

 

                                  IK(m)記

 

<第84回心のサークルお知らせ>

 【と き】  2017年8月20日(日)、14時~17時 

【ところ】 宮城県歯科医師会館(仙台市青葉区国分町1-5-1)

      会議室2

      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。

      尚、入口の表示板に、部屋がどこか書いてあります。ご確認お願いします。

      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、

      わからない時は声をおかけください。

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(7)』の読書会:6章

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。

【参加費】 喜捨

【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。

     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!

 新しく参加希望の方は、本ブログコメント又は下のメール宛へご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。

コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。

【メールアドレス】 kokoronosakuru@gmail.com

又、これまでのメンバーの皆様は、出欠係の柴田まで事前にお知らせしているメールにて出欠のご連絡をお願いします♪