読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のサークル(blog版)

スピリチュアリズム学習会用のブログです。

第77回 心のサークル報告

と き】 2017年1月22日(日)、14時~17時

【ところ】 宮城県歯科医師会館 会議室3 
【参加者】 進行:US、記録:SK
       US、ST、SK、IK(MEN)、HM、IK(WOMAN) 以上6名
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:11章、談話
 
2017年。
今年もよろしくお願いします。
昨年はAさんが地元にお帰りになり、ぽっかりと大きな穴があいた心のサークルでしたが、新たにIさんやHさんが加わわってくださり、賑やかに無事に乗り切ることができました。
今年もなお一層向上進化を目指せますようにがんばりたいと思います。
 
 
神が私の心の中にあることを悟り、慈悲と穏やかさと優しさと哀れみの心を身につけ、理想の姿へ少しでも近づくことができますように。
そして霊的真理が必ずはたらいていることを信じ、迷わずに生きることができますように願います。
 
それでは読書会の報告です。
SNさんがお休みのため、IK(WOMAN)さんのアンマの瞑想をし、そのあと、USさんがシルバーバーチの祈りを唱え、今年最初の読書会が始りました。
 
11章 みんな永遠の旅の仲間
 
 
各自が自分の魂の宿命を自分で成就しなければなりません。それまでに手にした光明(悟り、理解力)と、直面する困難を媒体として、その人独自の教訓を学んでいかねばなりません。それを自分でやらねばならないのです。他人からいくら知恵の援助を受けることができても、魂の成長と開発と発達はあくまで当人が自分の力で成就しなければならない個人的問題なのです。
 
 
困難があるからこそ生きる意味がある。。。。わかってはいても、時として逃げてしまいたくなるこの世です。
しかし、逃げても逃げても困難は追いかけてくるんですね。
そこには理由がちゃんとある。
スピリチュアリストなら分かっています。
自分でその困難を乗り越える事選んで生まれてきたのだから、当たり前なんです。
 
スピリチュアリストではない人はこういう知識がありません。
私も以前はそうでしたが、今では当たり前に理解しています。
 
「当たり前」と表現しましたが、「当たり前」と思えるまで何年もかかったような気がします。
こんな単純な真理も腑に落とすまでは時間がかかる。
それだけ肉体の世界が鈍重だという所以ですね。
 
このようにレポートを書くたびに、自分が以前とは違う価値観で生きている事に気が付きます。
 
さて、困難にはいろんな種類があって、質の違いもあります。
又、同じ現象でも、困難と感じる人となんとも思わない人がいます。
そこにある意味は、なんなのでしょう。
次の答えがヒントになると思いました。
 
あなたの体験の”質”を決定づけるのはあなたの進化の”程度”です。
ある段階以上に進化すると憎しみを抱かなくなります。愛のみを抱くようになります。苦を感じず、幸せばかりを感じるようになります。難しい事ですが、しかし真実です。苦しみをなんとも思わない段階まで到達すると、いかなる環境にも影響されなくなります。
 
それは進化の程度だったのですね。
毎日毎日些細なことで心が波立つのですが、それが今の私の程度です。
 
私の進化の程度を点数にすると、
赤点が40点なら、55点くらいかな。。。
 
苦しみとはいったい何?、、、、、シルバーバーチ霊は次のように解説しますが、途中、私には分からない部分がありました。
 
苦しみとはいったいなんでしょうか。
 
>>そうですねぇ知りたいですねェ
 
苦しみとは自分自身または他人が受けた打撃または邪悪なことが原因で精神または魂が苦痛を覚えた状態を言います。
 
>>なるほど、まぁ、そうですね。
 
が、もしその人が宇宙の摂理に通じ、その摂理には神の絶対的公正が宿っていることを理解していれば、少しも苦しみは覚えません。
 
ここが難しいのです。 
 
理不尽な状況で苦しんでいる人に対してのエールとしてはとても心強いです。
理不尽は理不尽のまま終わるわけではない、完璧な法則できちんと埋め合わせがありますから安心しなさいということですよね。
 
でもたとえば、自己嫌悪の苦しみの場合はどうでしょうか。
解決方法が見いだせず、自分の非も認められず、向上できずにいる自分の情けなさにたいして、絶対的公正の結果が今の苦しみです(解釈あってるかな?)。
そう思うと、ますます情けなくなってしまうような気がします。、
更に自分はスピリチュアリストで摂理を知っているにも関わらず、そんな状態にいることに罪悪感が増します。
 
「神の絶対的公正が宿っていることを理解していれば苦しみは覚えません」
理解していれば苦しまない、、、。ほんとうにそうだろうか?
未熟な魂の場合、その摂理を理解したからこそ、なおさら自分の未熟さに苦しまないだろうか。
どうしても向上できないことにたいして苦しまないだろうか。
 
 
シルバーバーチの解説はまだ続いていました。
 
なぜなら各人が置かれる環境はその時点において関係している人々の進化の程度が生み出す結果であると得心しているからです。進化した魂は同情、思いやり、慈悲心、哀れみを覚えますが苦痛は覚えません。
 
そっか。
”理解していれば”ではなく、”進化していれば”ってことなんですよね。
 
進化しなくちゃな……。
自分の醜さを鏡でみせつけられ、脂汗を流すガマのような今の自分です。
 
こんな風に迷っている時は、とにかくシルバーバーチの霊訓を読む。
そして、日々を霊の目で眺めることが出来るようになるよう努力するしかないようです。
 
 
 
 
メンバーより「あの時あんな風にした方がよかったと後悔することがたくさんある」
というようなお話がでました。
 
同感。
そんなことは山ほどあり、現在も後悔を量産中です。
 
それに対して、Uさんは、気が付くだけでもいい、とおっしゃって下さいました。
 
そこで後悔を量産中の私の疑問です。
 
気付いているのに問題解決できず身動きのできない状態が続いている「今」はどうすればいいでしょうか?
 
それに対してのUさんは
「今日の事だけを考える。あまり先のことまで考えない方がよい」とのことでした。
 
そうですね
それならできそうです。
とにかく、今日を丁寧に生きる。それだけを考えたいと思います。
 
スピリチュアリストって大変ですねぇ。
ごまかしがききませんから。
 
 
魂の成長と開発と発達はあくまで当人が自分の力で成就しなければならない個人的問題なのです。
 
身の引き締まる言葉ですね。
自分の心の動きをちゃんと観察しながら出来うる限りの最善の方法を探っていきたいと思います。
 
 
以上報告終わります。
短い章でしたが、あいかわらず中身の濃い内容でした。
 
~次回 第78回 ”心のサークル”のご案内~
 
【と き】  2017年2月26日(日)、14時~17時 
【ところ】 宮城県歯科医師会館(仙台市青葉区国分町1-5-1
      第二会議室
      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。
      尚、入口の表示板に、部屋がどこか書いてあります。ご確認お願いします。
      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、
      わからない時は声をおかけください。
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:12章
【持ち物】 上記書籍をご持参ください。
【参加費】 喜捨
【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。
     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!
 新しく参加希望の方は、本ブログコメントにてご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。なお、コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。
【メールアドレス】 kokoronosakuru@gmail.com
又、これまでのメンバーの皆様は、出欠係の柴田まで事前にお知らせしているメールにて出欠のご連絡をお願いします