読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のサークル(blog版)

スピリチュアリズム学習会用のブログです。

第72回心のサークル報告

 

【と き】 2016年8月21日(日)、14時~17
【ところ】 仙台歯科医師会館 2F会議室 
【参加者】 進行:US、記録:SK
      IK、ST、SN、WM 以上6名
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(5)』の読書会:6章、談話
 
 
 
35度。
どおりで暑いと思ったこの日の気温です。
あまりの暑さに仙台駅から医師会館までの距離が永遠とも思えるほど遠いと初めて思った日でした。
そんな暑さにもめげずにいつものメンバー集結。
12時より同じ会議室で行われていたUSさん主催の「宮城気友会」に参加されていたWMさんが、読書会にも参加してくださいました。
ようこそ♪     
その為計6名の集まりでした。
 
USさんが「食べない人たち」(秋山佳胤著)
という本を読んだという報告で会はしばらくその話を。
----何も食べずに人は生きていける---を、身をもって証明・実践中の人が日本にいるそうです。
スピリチュアルを学んでいる人は、なにも食べないで生きている人がいる、、、という話を耳にしたことがある人は多いと思う。
でも、それは外国の話で、インドの修行僧など特別なひとの類だろうと思っていたけれど、「不食の人」はどうやら普通にたくさんいるらしい。
 
食べ物だけでなく水も飲まずに生きていける。
さて、そうなると何がエネルギーの元となるのか。
著者は空気中に漂うプラーナと語っているとのこと。
それは霊界でのエネルギーの話と似ていて、USさんは、人の進化が、地上で始っている証拠なのではないか? と仮説を立てられる。
 
加えて、「食べない」という治療法で難病を治したという人もいるそうだ。
ドキュメンタリー映画「不食の時代」でも発表されており、なんと、現実なのである。
その話を聞いて、有り得るかもと、という印象を私はもった。
 
治療困難の重い病気の原因が、日々の食事が原因だというストーリーは、種あかしとしてはとてもドラマチックで、するりと解ける美しい数式のようだ
真実とは美しいもの、と私は思っているので、あながち不食という治療法はいい線をいっているかもしれないと思った。
解決方法があまりに身近すぎて、研究者がなかなか気が付けないというところも、真実が潜む粋な秘密なのではないだろうか。
 
気が付いてしまえば、とても簡単な事 
不食― で、病気を治す 奇跡みたいですね。
 
さて、食べないという生き方。
人が食べることから解放されたら、世の中の苦しみや争いごとの多くがなくなるのではないか? と私はずっと以前から考えていました。
 
「食べなくてもよいなら、どんなに気楽だろう」
こんなことをもし巷で発言したら、普通の人は奇異な顔で私をみるだろうが、心のサークルでは、「わかるわかる」という顔をされて頷かれるのだからありがたい。
こんなふうに心のサークルは少数派の集まりだと思うけれど、その少数派に巡り会えたことを本当に感謝するのだ。
 
USさんから、ひとつ注意があった。
食べないという究極の生活をむやみに真似をするのも危険である。
肉体には栄養が必要なことも、確かなこと。
やり過ぎはいけない。
シルバーバーチも中庸が大事と説いているので、参考程度にして自分の中で咀嚼するのがよいと思う。
 
不食の話でひとしきり盛り上がったあと、いつもの通りSNさんのクリヤヨガ瞑想でみんなの気持ちを一つにし、
シルババーチの祈りの後、いよいよ第6章の輪読です。
 

6章 婚約者を不慮の事故で失って

 
恋人を飛行機事故で失った女優との対話です。
思いがけず大事な人を亡くせば、どんなひとも喪失感に包まれ、悲しみの淵に追い込まれると思いますが、
この世の死が本当の死ではないと知っている人とそうではない人では、死との対峙の仕方も全く違うものになるのでしょう。
 
死は消滅ではありません。霊が別の世界へ解き放たれるための手段にすぎません。誕生が地上生活へ入るための手段であれば、死は地上世界から出るための手段です。P101
 
これは心のサークルでは、わざわざ抜粋するほどのことでもない、当たり前の事ですね。
でも、この教えこそが大前提なのですから、大事なことだと思います。
もちろん、私も当たり前の事実だと信じていますが(知っていますが)、体験したことがありません(覚えていません)ので、完全に理解しているとはいえません。
カッコ書きの部分がベールの彼方の世界と私との間にある距離感です。
 
私が死を迎える時、スピリチュアリストらしく、スムーズに移行できるのか、そこのところ、まだ、覚悟ができていないような気がします。
ということは、まだその時じゃないということなんでしょうね。
 
この章は、女優の質問に答える章だったので、質問自体が個人的で、心配についての答えが多かったです。
抜粋して紹介したいと思う個所の少ない章だったかもしれません。
死んだらしばらくは霊界に慣れる時間が必要なんだなぁみたいなことでした。
 
近藤先生の補足部分を抜粋。
 
死後無事に霊界の生活に正しく順応していくことは必ずしも容易ではないのである。そこには本人自身の迷いがあり、それに付け込んでさまざまな誘惑があり、また、強情を張ったり見栄を捨てきれなかったりして、いつまでも地上的名誉心や欲望の中で暮らしている人が実に多いのである。(p109)
 
死んでも欲から解き放たれずにいるのは御免こうむりたいです
又、邪霊に狙われて正しい場所へ行けない霊もいるようです
そうならないためにはどうしたらよいのでしょう。
 
あちらに行って目覚めた時に、かならず付き添ってくれる指導霊の言うことに素直に従うことが何より大切だということである。(p109)
 
指導霊が付き添ってくれるんですね^^よろしくお願いします。
 
 
サークルの帰り道にSTさんにも話したことなんですが、
死後、霊界へ行くのだという今回の章と少しリンクしているかなと思い、紹介させて頂きます。
森山直太朗さんの「生きてることが辛いなら」という歌の歌詞にこんな歌詞があるのです。
少し乱暴な表現を使っているのですが、とても元気になれます。
 
生きてることが辛いなら 
いっそ静かに死ねばいい
………
………
と始まりいろいろ言葉が並べられ、最後にこの言葉で締められます
 
くたばる楽しみとっておけ
 
 
この世の苦しみや悲しみから解放される時が必ずやってくる
それはみんなに等しく訪れる「死」によってもたらされる
死を「霊界へ行く楽しみ」と考えたとたん、生きることは辛くなくなり、感謝があふれだし、幸せな気持ちになります。
 
 
 
 
以上報告終わります。
シルバーバーチについての報告が少なかったかもしれない事をお詫びいたします。
 
それでは次回は9月の第4日曜日
集合場所(部屋)に変更がありますので、注意してくださいね♪
 
 
 
~ 次回 73回 心のサークルのご案内 ~
【と き】  2016年9月25日(日)、14時~17時 
【ところ】 宮城県歯科医師会館地下1階仙台市青葉区国分町1-5-1
      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。
      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、わからない時は声をおかけください。
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:7章、談話
【持ち物】 上記書籍をご持参ください。
【参加費】 喜捨
【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。
     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!
新しく参加希望の方は、本ブログコメントにてご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。なお、コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。
又、これまでのメンバーの皆様は、事前にお知らせしている、出欠係の柴田までメールにてお知らせください