読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のサークル(blog版)

スピリチュアリズム学習会用のブログです。

第64回 心のサークル 報告

 

【と き】 2015年12月20日(日)、14時~17時

【ところ】 ハーモニーサロンM

【参加者】 進行:US、記録:AN

      SK、ST、SN      以上5名

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(5)』の読書会:10章、談話

 

 今回の10章の内容と期を同じくして、クリスマス間近の開催となりました。そのうえ、STさんの5歳のお子さんも加わり、当時の交霊会と同じような状況での開催に、うれしくもあり不思議な感覚を抱きました。純粋で可愛い幼児を前にして、今年最後の読書会は和やかな雰囲気の中で行われました。

この幼児の純粋さは霊界の高い境涯の純粋さが反映している、とシルバーバーチは言われます。しかし人間は成長とともに、まるで知識や知恵と引き替えに純粋さを失っていくようにも思えてしまいます。ならば出来るだけこの両者を併せ持って生きていけるようになりたい、と遅ればせながら願う次第です。

さて今年を振り返ると、サークルのメンバーそれぞれに彩りがありましたね。各々の人生の織物にしっかりと織り込まれました。宇宙で一つのかけがえのない素敵な模様です。来年もまた、真理を携えて、心を軽くして、笑顔で朗らかにいきましょう!

 

≪ 10章 二人の幼児と語る ≫ より抜粋、引用

◆毎年クリスマスが近づくと、特別ゲストにルースとポールの幼児の姉弟が参加する。最近霊視力が出始めたルースが見る“光”について尋ねた

「私は妖精や天使と一緒にあなたたちと遊んでいるのですよ。とくにあなたたちに霊の世界の素晴らしさを教えようとしている人たちと一緒に、あなたたちのお家を訪れているのですよ。あの光は妖精たちが携えてくる“守護の光”で、あなたたちを取り巻いております」

 

「霊の世界には地上で遊ぶチャンスが与えられないうちに連れて来られた子供がたくさんいるのです。そういう子供たちをあなたたちと遊ばせるために連れ戻すことがあります。あなたたちとの遊びを通して、まだ一度も体験したことのないものを得ることができるのです」

 

「お二人の心には私の本当の住処である高い境涯の純粋さが反映しております。その純粋さは地上近くで仕事をしている霊にとってとても大切なものです。それをお二人の心の中に見つけて、いつも慰められております」

 

「妖精を見る楽しみをさずかったことを感謝しなくてはいけませんよ。何も感じない人が大勢いるのですから」

 

◆二人はシルバーバーチに霊界の楽しいお話をしてほしいとお願いすると

「霊界にはとても広い動物の王国があり、そこでは動物界のあらゆる種類が、襲ったり恐がったりすることなく一緒に暮らしています。ライオンが子羊と並んで寝そべっても、ケンカもせず餌食(えじき)になることもありません。美しい花園もたくさんあります。地上では見られない色彩がたくさんあります。美しい湖、山々、大きな川、小さな川があります。また、豪華な羽毛と目の覚めるような色彩をした小鳥がたくさんいます。昆虫もきれいな種類のものがたくさんおります。(物質界という)さなぎの段階を通過して、本当の美しい姿を見せているからです」

 

霊媒を通じて、今イエスさまと話ができるのかとルースが尋ねた

「いいえ。私たちはイエス様の使節団なのです。イエス様のお考えを地上の人達に伝え、地上の人達の考えをイエス様にお伝えするのです。でも、イエス様の霊はいつも私たちと共にあります。私はもうすぐイエス様の所に参りますが、ルースとポールという名前の二人の良い子の考えと言葉と愛とを携えて参ります。ご存知のようにイエス様は子供が大好きなのです」

 

◆二人は、シルバーバーチが大好きと言って霊媒の顔をじっと見た

「私だってルースちゃんとポール君が大好きですよ。この気持ちは愛の大中心から来る愛、世界全体を支配している愛、宇宙全体を動かしている愛、全部の生命を優しく抱きしめ、たった一人の子供も、どこにいようと何をしようと、絶対に見放すことのない愛と同じものなのです。それは永遠に変わることのない神様の愛であり、愛の神様です。その愛の心を二人が出すたびに神様の心が発揮され、宇宙の創造の仕事が続けられるのを助けることになるのです」

 

「私は間もなく地上を離れ、私の本当の住処のある境涯へ行き、そこで何千年もの間知り合っている人たちとお会いします。そしてこれから先の計画を教えていただき、これまでに私が仰せつかった仕事をちゃんとやり遂げているかどうか、どこまで成功しどこが失敗したか、それを次の機会にやり直すことが出来るかどうかをお聞きします」

 

「それからみんな揃って大集会に出席して、そこであなたたちがイエス様と呼んでいる方とお会いします。イエス様は美しさと優しさと理解と同情に溢れたお言葉を掛けてくださいます。その時私たちは神様のマントで包まれます。愛の衣で包まれます。そして神様の尊い力で身を固めて一人ひとりに授けられた新しい使命に向かって出発します」

 

「お二人のような子供から“シルバーバーチさんが大好き”と言われるごとに私は“ああ良かった”と思います。なぜなら私たちの仕事は愛を得てはじめて成し遂げられるものであり、愛の反応を見出してはじめて仕事が上手く行っていることを知るからです」

 

「どうかその天界の光が、みなさんの毎日の生活に反映されることを祈ります。神の恵みがいつもみなさんと共にあることを祈ります。ここにおいでのみなさんは今まさに神が託した霊団の保護のもとにいらっしゃいます」

 

 

*進行役 Uさんのコメント*

あけましておめでとうございます。「シルバーバーチの霊訓」読書会は引き続き、毎月第三日曜日に開催いたします。本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

~ 次回 “第65回 心のサークル”のご案内 ~

【と き】  2016年1月17日(日)、14時~17時  

【ところ】 ハーモニーサロンM(仙台市青葉区宮町3-6-46)

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(5)』の読書会:11章、談話

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。

【参加費】 無料

【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。

     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!

参加希望の方はご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。

           Tel/ 022-398-3540(荒川)