読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のサークル(blog版)

スピリチュアリズム学習会用のブログです。

第55回 心のサークル 報告

 

 

【と き】 2015年3月15日(日)、14時~17時

【ところ】 ハーモニーサロンM

【参加者】 進行:US、記録:AN

      IK、SK、ST、YY、HK  以上7名

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(5)』の読書会:1章、談話

 

 この霊訓を読んだことのある人で、“シルバーバーチ”と名乗る指導霊が誰であるかという関心を持たない人はいないでしょう。私も当初、辞書で“シルバーバーチとは白樺のこと”であると調べたり、その後ネイティブアメリカンであると聞かされたり・・・。彼を霊視して描かれたネイティブアメリカンの絵もありますね。私も生前の彼を自分なりに想像しておりました。そして、学んでいるうちに以下のような特別な仕組みがあることを知り、この霊訓の偉大さや信憑性を裏付けるものであることが分かりましたが、今度はその最高指揮者とはいったい誰なのか・・・という思いが湧き起こって参りました。ところが真理を学んでいくうちにそのことへの関心は不思議と薄れ、今では気にならなくなりました。いずれ霊界へ行ったら分かることでしょうから、その時の楽しみにとっておきます。もし出来るならお会いしたいものですねぇ。

 今回も参加者のみなさんと、シルバーバーチについて語り合いました。当の本人はきっと我々の傍らで微笑んでおられたことでしょう。今生で高級霊の方々に出逢えたことに、いつも傍にいて下さることに、心より感謝いたします。

 

≪ 1章 シルーバーバーチとは何者か ≫ より抜粋

シルバーバーチについてのこれまで公表されている認識としては次のものがある

◎インディアン(ネイティブアメリカン)ではないこと。

◎高遠な世界と地上との間の橋渡しとして、一人のインディアンの幽体を使用しているところの、高級霊団の最高指揮者であること。

 

シルバーバーチの地上での身元についての質問に対しての答え

「私は荒野に呼ばわる声です。神の使徒以外の何者でもありません。私が誰であるかということが一体何の意味があるのでしょう。私がどの程度の霊であるかは、私のやっていることで判断していただきたい。あなた方人間世界における私の仕事が、暗闇に迷える人々の心の灯りとなり慰めとなったら、それだけで私はしあわせなのです」

 

「今まさに黎明を迎えんとしている新しい世界の一役を担うものとして、これまで忘れ去られてきた霊的法則を蘇らせるために私を地上へ遣わした一団の通訳にすぎません。私の背後には遠々と幾重にも連なる霊団が控え、完全なる意志の統一のもとに、一丸となって協調態勢で臨んでおります。私がこの霊媒(バーバネル)を使用する如くに彼らも私を使用し、永い間埋もれてきた霊的真理を地上の全土に広げんとしているのです」

 

「私はこれまであなた方の友として、守護者として、指導者として接して参りました。いつもすぐ側に待機しており、出来得る限りの援助の手を差し伸べる用意があることを知っていただきたい。どうか、困ったことがあればどんなことでも、いつでもこの私をお呼び下さい。もし私に出来ることであればご援助しましょう。もし私に手出しできない事であれば、あなた方自らが背負わねばならない試練として、それに耐えていくための力をお貸しいたしましょう」

 

「我々霊団の者は功績も礼も感謝もいっさい求めません。お役に立ちさえすれば良いのです。私たちは普段は物質と言うベールによって隔てられておりますが、いついかなる時も身近にいて、情愛を持って力になってあげていることを知って下さい」

 

シルバーバーチは、サークルを通して世界中の人々のために推進してきた仕事の基本的理念を改めて次のように説いた

◎ 私はあなた方が愛の絆によって一丸となるように、これまで様々な努力をして参りました。

◎より高い境涯、より大きな生命の世界を支配する法則をお教えしようと努力して参りました。

◎あなた方に自分という存在(霊的にいかに素晴らしく出来あがっているか)を知っていただくべく努力して参りました。

◎真理を知るということは、それを人のために使用する責任を伴なうことをお教えして参りました。

宗教的儀式のうわべの形式に捉われずに、その奥にある宗教の核心、すなわち援助を必要とする人々のために手を差し伸べることを忘れてはならないことを説いて参りました。

◎絶望と無気力と疑問と困難に満ち溢れた世界にあって、私はあなた方に霊的真理を説き、それをあなた方が先ず自ら体現することによって同胞にもその宝を見出させ、ひいては人類全体に幸福をもたらすことになる――そうあってほしいと願って努力して参りました。

◎私は終始“愛”をその最高の形で説くべく努力して参りました。

◎私は常に人間の理性と知性に訴えるように心掛け、私たちの説く真理がいかに厳しい調査・探求にも耐え得るものであることを主張して参りました。 

 

*Uさんのコメント

ガイドとの対話から。


悩み多きが、今生の人生です。
けっして不安にならぬこと。
私たちガイドが周りにいることを忘れずに。
常にインスピレーションという形で、サインを送り、道に迷わぬように指導しています。
しかしながら、そのことに気付くか否かにかかわらず、選択の自由が与えられていることを忘れずに。
その範囲内で参考にしてください。
私たちの指導は、あなたの生活向上、使命達成のお手伝いが、すべてです。
今生をいかにやり抜くか。
大変と考えれば、大変ですが、選んだのは、あなたであり、これから選ぶのもあなたです。
私たちもその自由意志を最優先して、手助けします。
本道からそれることもありましょうが、気にせず前に進んでください。
軌道修正の道は、常にあり、今生で生きている限り、今生での機会はいくらでもあります。
常に世のため人のためと思って生きていれば、間違いありません。
どんな苦境も乗り越えられます。
これから、増々いろいろな展開がありましょうが、大丈夫です。
道は、守られています。
信じてください。

 

 

 

 

 

~ 次回 “第56回 心のサークル”のご案内 ~

【と き】 2015年4月19日(日)、14時~17時  

【ところ】 ハーモニーサロンM(仙台市青葉区宮町3-6-46)

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(5)』の読書会:2章、談話

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。

【参加費】 無料

【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。

     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!

*参加希望の方はご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。

           Tel/ 022-398-3540(荒川)