読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のサークル(blog版)

スピリチュアリズム学習会用のブログです。

第72回心のサークル報告

 

【と き】 2016年8月21日(日)、14時~17
【ところ】 仙台歯科医師会館 2F会議室 
【参加者】 進行:US、記録:SK
      IK、ST、SN、WM 以上6名
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(5)』の読書会:6章、談話
 
 
 
35度。
どおりで暑いと思ったこの日の気温です。
あまりの暑さに仙台駅から医師会館までの距離が永遠とも思えるほど遠いと初めて思った日でした。
そんな暑さにもめげずにいつものメンバー集結。
12時より同じ会議室で行われていたUSさん主催の「宮城気友会」に参加されていたWMさんが、読書会にも参加してくださいました。
ようこそ♪     
その為計6名の集まりでした。
 
USさんが「食べない人たち」(秋山佳胤著)
という本を読んだという報告で会はしばらくその話を。
----何も食べずに人は生きていける---を、身をもって証明・実践中の人が日本にいるそうです。
スピリチュアルを学んでいる人は、なにも食べないで生きている人がいる、、、という話を耳にしたことがある人は多いと思う。
でも、それは外国の話で、インドの修行僧など特別なひとの類だろうと思っていたけれど、「不食の人」はどうやら普通にたくさんいるらしい。
 
食べ物だけでなく水も飲まずに生きていける。
さて、そうなると何がエネルギーの元となるのか。
著者は空気中に漂うプラーナと語っているとのこと。
それは霊界でのエネルギーの話と似ていて、USさんは、人の進化が、地上で始っている証拠なのではないか? と仮説を立てられる。
 
加えて、「食べない」という治療法で難病を治したという人もいるそうだ。
ドキュメンタリー映画「不食の時代」でも発表されており、なんと、現実なのである。
その話を聞いて、有り得るかもと、という印象を私はもった。
 
治療困難の重い病気の原因が、日々の食事が原因だというストーリーは、種あかしとしてはとてもドラマチックで、するりと解ける美しい数式のようだ
真実とは美しいもの、と私は思っているので、あながち不食という治療法はいい線をいっているかもしれないと思った。
解決方法があまりに身近すぎて、研究者がなかなか気が付けないというところも、真実が潜む粋な秘密なのではないだろうか。
 
気が付いてしまえば、とても簡単な事 
不食― で、病気を治す 奇跡みたいですね。
 
さて、食べないという生き方。
人が食べることから解放されたら、世の中の苦しみや争いごとの多くがなくなるのではないか? と私はずっと以前から考えていました。
 
「食べなくてもよいなら、どんなに気楽だろう」
こんなことをもし巷で発言したら、普通の人は奇異な顔で私をみるだろうが、心のサークルでは、「わかるわかる」という顔をされて頷かれるのだからありがたい。
こんなふうに心のサークルは少数派の集まりだと思うけれど、その少数派に巡り会えたことを本当に感謝するのだ。
 
USさんから、ひとつ注意があった。
食べないという究極の生活をむやみに真似をするのも危険である。
肉体には栄養が必要なことも、確かなこと。
やり過ぎはいけない。
シルバーバーチも中庸が大事と説いているので、参考程度にして自分の中で咀嚼するのがよいと思う。
 
不食の話でひとしきり盛り上がったあと、いつもの通りSNさんのクリヤヨガ瞑想でみんなの気持ちを一つにし、
シルババーチの祈りの後、いよいよ第6章の輪読です。
 

6章 婚約者を不慮の事故で失って

 
恋人を飛行機事故で失った女優との対話です。
思いがけず大事な人を亡くせば、どんなひとも喪失感に包まれ、悲しみの淵に追い込まれると思いますが、
この世の死が本当の死ではないと知っている人とそうではない人では、死との対峙の仕方も全く違うものになるのでしょう。
 
死は消滅ではありません。霊が別の世界へ解き放たれるための手段にすぎません。誕生が地上生活へ入るための手段であれば、死は地上世界から出るための手段です。P101
 
これは心のサークルでは、わざわざ抜粋するほどのことでもない、当たり前の事ですね。
でも、この教えこそが大前提なのですから、大事なことだと思います。
もちろん、私も当たり前の事実だと信じていますが(知っていますが)、体験したことがありません(覚えていません)ので、完全に理解しているとはいえません。
カッコ書きの部分がベールの彼方の世界と私との間にある距離感です。
 
私が死を迎える時、スピリチュアリストらしく、スムーズに移行できるのか、そこのところ、まだ、覚悟ができていないような気がします。
ということは、まだその時じゃないということなんでしょうね。
 
この章は、女優の質問に答える章だったので、質問自体が個人的で、心配についての答えが多かったです。
抜粋して紹介したいと思う個所の少ない章だったかもしれません。
死んだらしばらくは霊界に慣れる時間が必要なんだなぁみたいなことでした。
 
近藤先生の補足部分を抜粋。
 
死後無事に霊界の生活に正しく順応していくことは必ずしも容易ではないのである。そこには本人自身の迷いがあり、それに付け込んでさまざまな誘惑があり、また、強情を張ったり見栄を捨てきれなかったりして、いつまでも地上的名誉心や欲望の中で暮らしている人が実に多いのである。(p109)
 
死んでも欲から解き放たれずにいるのは御免こうむりたいです
又、邪霊に狙われて正しい場所へ行けない霊もいるようです
そうならないためにはどうしたらよいのでしょう。
 
あちらに行って目覚めた時に、かならず付き添ってくれる指導霊の言うことに素直に従うことが何より大切だということである。(p109)
 
指導霊が付き添ってくれるんですね^^よろしくお願いします。
 
 
サークルの帰り道にSTさんにも話したことなんですが、
死後、霊界へ行くのだという今回の章と少しリンクしているかなと思い、紹介させて頂きます。
森山直太朗さんの「生きてることが辛いなら」という歌の歌詞にこんな歌詞があるのです。
少し乱暴な表現を使っているのですが、とても元気になれます。
 
生きてることが辛いなら 
いっそ静かに死ねばいい
………
………
と始まりいろいろ言葉が並べられ、最後にこの言葉で締められます
 
くたばる楽しみとっておけ
 
 
この世の苦しみや悲しみから解放される時が必ずやってくる
それはみんなに等しく訪れる「死」によってもたらされる
死を「霊界へ行く楽しみ」と考えたとたん、生きることは辛くなくなり、感謝があふれだし、幸せな気持ちになります。
 
 
 
 
以上報告終わります。
シルバーバーチについての報告が少なかったかもしれない事をお詫びいたします。
 
それでは次回は9月の第4日曜日
集合場所(部屋)に変更がありますので、注意してくださいね♪
 
 
 
~ 次回 73回 心のサークルのご案内 ~
【と き】  2016年9月25日(日)、14時~17時 
【ところ】 宮城県歯科医師会館地下1階仙台市青葉区国分町1-5-1
      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。
      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、わからない時は声をおかけください。
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:7章、談話
【持ち物】 上記書籍をご持参ください。
【参加費】 喜捨
【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。
     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!
新しく参加希望の方は、本ブログコメントにてご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。なお、コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。
又、これまでのメンバーの皆様は、事前にお知らせしている、出欠係の柴田までメールにてお知らせください

第71回心のサークル報告

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

【と き】 2016年7月17日(日) 14時~17時                                                               

【ところ】 宮城県歯科医師会館 2F会議室                                                        

【参加者】 進行:US、記録:ST  SK YY SN 以上5名                                               

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:4章、談話                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                               

読書前の会話におきまして、USさんより、やはり早朝の気が素晴らしい、「天の気」「地の気」をイメージしますという話。                                                                                  

SNさんが瞑想の際に「光のプラーナ」を意識していたのに加え、「水のプラーナ」を意識するようになってから、一段と深くなったとの話がありました。                                         

今回は(5章は)少し短いようですね。という話が出ましたが、内容は重要で、深いものですから量より質で、深く読み込んでまいりましょうとなりました。                                   

SNさんによるクリヤマヨガをはじめに行い、心がすっきりとしましたところで、     

USさんによるシルバーバーチの祈りを行い、学ばせて頂く謙虚な気持ちが整いましたところで読書会を開催しました。                                                                                                                                                                            

                                                                                                                                               

5章 老スピリチュアリストとの対話                                                                                                                         

英国のみならず広く海外でも活躍している古くからのスピリチュアリスト(*)が招待され、シルバーバーチは「霊的知識に早くから馴染まれ、その道を一途(いちず)に歩まれ、今や多くの啓示を授かる段階まで到達された人」として丁重(ていちょう)にお迎えした。

(*名前は紹介されていない。推測する手掛りも見当たらない。                           

霊言集にはこのように名前を明かしても良さそうなのに、と思えるケースがよくあるが、

多分、公表は控えてほしいとの本人の要望があるのであろう。これもシルバーバーチの影響かもしれない―訳者)                                                                                                                                       

シルバーバーチの影響とありますが、やはり自身の地上的な名前や地位・名声でなく、             

霊的観点に基づいた立場を重視する、もしくは大霊へと意識が向くことで自我という意識が薄らぎ自己アピールへの執着が薄れるということを示しているのではないでしょうか。                                                                                                                                                              

シルバーバーチ「思えば長い道のりでした。人生の節目が画期的な出来ごとによって織り成されております。しかし、それもすべて、一つの大きな計画のもとに愛によって導かれていることをあなたはご存じです。暗い影のように思えた出来ごとも、今から思えば計画の推進に不可欠の要素であったことが分かります。・・・                                                                                                                                                                                                         

地上すなわち、現実的・物質的世界の中、もしくは世界観の中にあって、霊的な愛の計画が推進されており、この老スピリチュアリストが葛藤の中にあっても「霊の感じる衝動」に従って責務を果たしてきたとしています。それに対して老スピリチュアリストは、                                                                                                                                                                

「目的があることは感じ取れるのです。目的があること自体を疑ったことはありません。

ただ、自分の歩んでいる道のほんの先だけでいいから、それを照らしてくれる光が欲しいのです」                                                                                                                                      

と答え、地上的(物質的、肉体的)自我と霊的自我との間の葛藤が半端ではなく、    

霊的自我をフォローしてくれるような一条の光を求めています。                                              

これは私たちにおきましても同じで、このような形で、読書会をしたり歓談のひと時を持てるということは、まさに一条の光を天から与えていただいているようなものだと思います。しかし、それに対してシルバーバーチは、        

                                                                               

シルバーバーチ「私にはその葛藤がよく理解できます。別に難しい問題ではありません。

その肉体を通して働いている意識と、あなたの本来の自我である、より大きな側面の意識との間の葛藤です。有象(うぞう)無象のこの世的雑念から離れて霊の力に満たされると、魂が本来の意識を取り戻して、日常の生活において五感の水際(みぎわ)に打ち寄せてしきりに存在を認めてほしがっていた、より大きな自我との接触が得られます。・・・                                                                                                                                                                         

と答えます。葛藤を理解しているのであれば、もう少し同情してほしい気もするのですが、

さすがそこはシルバーバーチです。「別に難しい問題ではありません。」と一刀両断します。

泳げる人からすれば、泳げない人に、「泳ぎは難しくありません」とは言えますが、

泳げない人からすると酷ですね。しかし正しい水泳法は曲げられないということでしょう。

そして、一条の光は外に求めず、自分自身の中に霊の力を満たし、魂本来の意識を取り戻すべし。と教えます。自分自身の中にこそ一条の光を求めなさい。と解釈できます。

他力ではなく自力なのです。確かに厳しいのですが、目標はこうでなくてはいけません。

シルバーバーチが厳しすぎるということで、もっと楽に自分自身を認め、楽になろうというニューエイジが広まったという解説がUSさんからありましたが、シルバーバーチが示す、霊的知識の基本を謙虚に学ぶ姿勢が大事なのでしょう。基本があってこその応用であり、進歩なのですから、厳しいからと言って避けてはいけません。このニューエイジ霊感商法に対する警告と基本重視の姿勢を説いているのが次の言葉です。                                               

               

シルバーバーチ「私たちがいつも直面させられる問題が二つあります。一つは惰眠(だみん)をむさぼっている魂に目を覚まさせ、地上で為すべき仕事は地上で済ませるように指導すること。もう一つは、目覚めてくれたのはよいとして、まずは自分自身の修養を始めなければならないのに、それを忘れて心霊的な活動に夢中になる人間を抑えることです。神は決してお急ぎにはなりません。宇宙は決して消滅してしまうことはありません。法則も決して変わることはありません。じっくりと構え、これまでに啓示されたことは、これからも啓示されていくことがあることの証明として受け止め、自分を導いてくれている愛の力は自分が精一杯の努力を怠りさえしなければ、決して自分を見捨てることはないとの信念に燃えなくてはいけません」                                                                                                                                                                                                                                  

問題を二つに分けています。一つは霊的な意識がない魂に、喝を入れ、地上で霊的意識を芽生えさせること。そして、霊的意識が芽生えつつあるのに、自己修養に向かわず、テクニックに走ったり、霊感商法に走ったりする人間を抑えること。以上の二つです。

そして自分自身の修養ということは何かというと、「愛」すなわち慈愛の精神であるとしています。

この地上において「愛」ほど物質主義から離れアンチテーゼ足りうるものはありません。ですから「愛」を意識するほど、人は現実社会との間に葛藤を引き起こし、悩むのかもしれません。                                                                                                                          

「霊の歩むべき本来の道は何にも増して困難なものです。(中略)それは自己犠牲を伴う長くゆっくりとして根気のいる、曲りくねった道です。」

シルバーバーチの霊訓(1)』(潮文社) p.83                                                     

「人類愛のための自己犠牲の道」これこそが霊的知識における基本の一つであると思います。短いながらここまででもいっぱいいっぱいな内容なのですが、本章はここからが本番です。

                                                                                                                                                               

実はこの老スピリチュアリストは今回の交霊会に備えて三つの質問を用意していた。その問答を紹介しておく。                                                                                          

「私の信じるところによれば人間は宇宙の創造主である全能の神の最高傑作であり、   

形態ならびに器官の組織において大宇宙のミクロ的表現であり、各個が完全な組織を具え、特殊な変異は生まれません。しかし一体その各個の明確な個性、顔つきの違い、表情の違い、性向の違い、その他、知性、身振り、声、態度、才能の差異も含めた一人一人の一見して区別できる個性を決定づける要因は何なのでしょうか」                                                                                                                                                      

                                                                                                                                               

全能の神の最高傑作でありながら、完璧な人間は存在せず、しかもバラバラで個性に満ち溢れているのは何でですか?                                                                                                           

という疑問です。これに対してシルバーバーチは、                                                                                                                                                                  

シルバーバーチ「これは大変な問題ですね。まず物質と霊、物質と精神とを混同なさらないでください。人間は宇宙の自然法則に従って生きている三位一体の存在です。肉体は物的法則にしたがい、精神は精神的法則にしたがい、霊は霊的法則にしたがっており、この三者が互いに協調し合っております。かくして法則の内側に法則があることになり、時には、見た目に矛盾しているかに思えても、その謎を解くカギさえ手にすれば本質的には何の矛盾もないことが分かります。法則のウラ側に法則があると同時に、一個の人間のさまざまな側面が交錯し融合し合って、常に精神的・霊的・物的の三種のエネルギーの相互作用が営まれております。そこには三者の明確な区別はなくなっております。肉体は遺伝的な生理的法則にしたがっておりますし、精神は霊の表現ですが、肉体の脳と五官によって規制されております。つまり霊の物質界での表現は、それを表現する物質によって制約を受けるということです。かくしてそこに無数の変化と組み合わせが生じます霊は肉体に影響を及ぼし、肉体もまた霊に影響を及ぼすからです。これでお分かりいただけるでしょうか」                                                                                                                                                                       

と答えます。                                                                                                                                           

老スピリチュアリストの質問内容は一人一人の人間の個性の違いについて解説を求めていますが、それにストレートに回答せず、まず一人の人間の中にある3つの側面、すなわち、物質・精神・霊を説明します。つまり、一人の人間の中がバラバラなのだから、当然、別々の人間であればなおのことバラバラでしょうということだと思います。               

シルバーバーチの霊訓にはこの物質・精神・霊に分けた人間解釈がたびたび登場します。

この人間解釈は人生に関する解釈ともいえますし、様々なニュースや出来事をこの観点で観察することも可能です。霊的知識の基本の一つであるといってもよろしいかと思います。物質の次元、精神の次元、霊の次元と考えれば、人の心は3次元的にとらえることも可能です。この3つの次元の組み合わせが、それぞれの程度に応じて様々な組み合わせを生じることは、世の中に無数の形があることを思い起こせばイメージがつきやすいでしょう。         

この霊的知識は、シルバーバーチの霊訓の中でも非常に実践向きの、現実世界に応用しやすい知識の一つです。                                                                                                                        

イエス・キリストが利用した例を紹介します。「マタイによる福音書22章15節~22節」イエスを貶めたいと狙うパリサイ派のスパイが、ローマ皇帝に税金を納めるべきかどうかをイエスに質問しました。                                                                                                   

「納めるべきだ」と答えれば、イエスはユダヤの敵で、ローマ帝国の側の人間であると宣伝できます。(当時ユダヤはローマ帝国に支配されていた。)                                

「納めるべきではない」と答えれば、ローマ帝国への反逆者であると宣伝でき、即刻捕まります。                                                                                                                                                            

普通に考えると詰んでいるのですが、この霊的知識を当然知っているイエスは、苦も無く答えます。                                                                                                                         

「税金に納めるお金を見せなさい。」彼らがデナリオン銀貨を持ってくると、                            

「これは、誰の肖像と銘か」と聞きます。                                                                

彼らは銀貨を見て「皇帝のものです。」と答えます。                                                                 

するとイエスは「では、皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。」といわれました。                                                                                                                                                 

神への服従と国家に対する義務とは次元の違うものであって、両者をともに守ることは矛盾ではないということです。                                                                                                              

すなわち、物質次元のものは物質次元に、霊的次元のものは霊的次元に帰するということです。物質次元と霊的次元を混同してしまっていると、とてもこのような対応はできません。

さらに二つ目の質問へと移ります。                                                                                                                                                                          

「・・・人間はその始源、全生命の根元から生まれてくるのですが、その根元からどういう段階をへてこの最低次元の物質界へ下降し、物的身体から分離したあと(死後)、こんどはどういう段階をへて向上し、最後に“無限なる存在”と再融合するのか、そのへんのところをお教えいただけませんか」           

                                                                                                                               

ここでまず問題となるのは、老スピリチュアリストが質問の前提とする「全生命の根源から生まれてくる」や、「最後に“無限なる存在”と再融合する」が真理なのかどうか、また、これを物質的問題の理解のための言語で理解し、説明することが可能なことなのか、ということです。例として、フィリピンでは、理科の授業を英語で行い、母国語を使わないそうです。なぜならフィリピン語に「光合成」等、科学的用語が存在しないからなのだそうです。

これと同じように、霊的世界の現象を地上の言語で表現するには、用語が存在しないなどの制約がある可能性があります。

                                                                               

シルバーバーチ「これもまた大きな問題ですね。でも、これは説明が困難です。霊的生命の究極の問題を物的問題の理解のための言語で説明することはとてもできません。霊的生命の無辺性を完全に解き明かせる言語は存在しません。ただ単的に、人間は霊である、但し大霊は人間ではない、という表現しかできません。大霊とは全存在の究極の始源です。万物の大原因であり、大建築家であり、王の中の王です。霊とは生命であり、生命とは霊です。

霊として人間は始めも終りもなく存在しています。それが個体としての存在を得るのは、地上にかぎって言えば、母体に宿ってた時です。物的身体は霊に個体としての存在を与えるための道具であり、地上生活の目的はその個性を発現させることにあります。霊の世界への誕生である死は、その個性を持つ霊が、巡礼の旅の第二段階を迎えるための門出です。つまり霊の内部に宿る全資質を発達、促進、開発させ、完成させ、全存在の始源により一層近づくということです。人間は霊である以上、潜在的には神と同じく完全です。しかし人間は神の生命の中に吸収されてしまうという意味での再融合の時期が到来するとは考えません。神が無限であるごとく(生命の旅も)発達と完全へ向けての無限の過程であると主張する者です」                                                                                                                                      

この短い文章に霊的生命の地上への下降と、霊界への帰還のシステムが説明されていると思いますが、理解が難しいところです。                                                                              

ポイントとしては                                                                                                                    

・人間は霊である                                                                                                                    

・大霊とは全生命の究極の根源                                                                                

・霊は生命、生命は霊                                                                                                                              

・霊として人間は永遠に存在する                                                                                                             

・霊は資質を発展させ、大霊に近づくが個性が失われることはない                           

ということのようです。                                                                                                                          

さらにこの回答を踏まえて、3つ目の質問に移ります。                                                                                                                                                                                                                            

「・・・人間は個霊として機械的に無限に再生を繰り返す宿命にあると説く輪廻転生論者がいますが、これは事実でしょうか。もしそうでないとすれば、最低界である地上へ降りてくるまでに体験した地上以外の複数の前世で蓄積した個性や特質が、こんどは死後、向上進化していく過程を促進もし渋滞もさせるということになるのでしょうか。私の言わんとしていることがお分かりいただけますでしょうか」                                                  

                                                                                                               

「地上以外の複数の前世」ということで、何故、地上以外ということにこだわるのか、             

はっきりしないのであるが、ともかく前世が次の段階における足かせとなるのか?    

ということのようです。この大きな問題に関してシルバーバーチの回答は、                                                                                                                                                              

シルバーバーチ「・・・再生というものが事実であることは私も認めます。・・・どうしてもそうしなければならない目的があって生まれ変わるのです。あずけた質(しち)を取り戻しに行くのです。ただし再生するのは同じ個体の別の側面です。同じ人物とは申しておりません。一個の人間は氷山のようなものだと思ってください。海面上に顔を出しているのは全体のほんの一部です。大部分は海中にあります。地上で意識的生活を送っているのはその海面上の部分だけです。死後再び生まれてきた時は別の部分が海面上に顔を出します。潜在的自我の別の側面です。二人の人物となりますが、実際は一つの個体の二つの側面ということです。霊界で向上進化を続けると、潜在的自我が常時発揮されるようになっていきます。

再生問題を物質の目で理解しようとしたり判断しようとなさってはいけません。霊的知識の理解から生まれる叡知の目で洞察してください。そうすれば得心がいきます」                                                                                                                                                                  

シルバーバーチは再生を認めるものの、それが人間の宿命であるとはせず、あずけた質を取り戻しに行くための手段、カルマの法則に関係したものであるとしています。                               

また、地上で意識的生活を送っているのは、潜在的自我の一部分に過ぎず、大部分が表出していないとしています。                                                                                                この意味を解く一つのカギとして、例えば同じ個性を持った人間が違う環境に生まれてきていたら、どうだったでしょうか。                                                                    

先ほど触れたように、人間の心が物質・精神・霊を認識し、表現するのだとしたら、

例えばヒトラーが近世のオーストリアにではなく、現代日本の愛情ある両親のもとに生まれていたら、「肉体もまた霊に影響を及ぼすからです」とあるように、精神的・霊的にも影響を受け、全く別の自我、別の人間性になる可能性も高いわけです。                                       

つまり、パラレルワールドのような話ですが、一つの個体のどの側面が発揮されるのかは、環境要因一つとっても、様々なバリエーションが考えられます。                                      

この再生の法則につきましては2番目の質問と同様、地上的物質の目では捉えがたく、

表現することすら困難なシステムであることに間違いはありません。                                       霊的知識の理解を通じて徐々に養われてくるところの叡智の目が必要であるとしています。様々な葛藤を抱えながらも、愛の道、霊的次元があることを心の中に確信し、力強く歩んでまいりたいと思います。きっと叡智の目を養うことにもつながるでしょうから。        

               

~ 次回 “第72回 心のサークル”のご案内 ~                                                                                                                                                                

【と き】  2016年8月21日(日)、14時~17時                                                             

【ところ】 宮城県歯科医師会館2階(仙台市青葉区国分町1-5-1)                                                入り口は正面玄関ではなく裏口になります。                                                   

      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、わからない時は声をおかけください。                                                                                                                                                                               

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:6章、談話                                                                                                                                                                        

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。                                                                                                                                                                

【参加費】 喜捨                                                                                                                                                                             

【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。

日常を離れた空間で、ともに学びましょう!                                                                                                                                                                            

新しく参加希望の方は、本ブログコメントにてご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。なお、コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。                                                                                                                                                                             又、これまでのメンバーの皆様は、事前にお知らせしている、出欠係の柴田までメールにてお知らせください♪                                                                                                                                         

第70回 心のサークル報告

 

【と き】 2016619日(日)、14時~17

【ところ】 宮城県歯科医師会館 2F会議室 

【参加者】 進行:US、記録:IK

     STSK  以上4

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:4章、談話

 

4章 ジョン少年との対話

今回はいつもクリヤヨガ瞑想を行ってくれるSNさんに代わって、私IKが導入瞑想を行いました。

愛の聖者amma(アンマ)が行っているマーオーム瞑想です。マーの音をイメージする時に息を吸い、オームの音をイメージするときに息を吐きます。瞑想では、終わった後の静寂が大切です。今回は1分間、私たちを包む光をイメージしてもらいました。

 瞑想終了後、USさんに「シルバーバーチの祈り」を唱えていただき皆で祈りました。↓

http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/sb-teachings/sb-teachings-prayer.htm

 

瞑想を行うことや祈ることは、心を整える意味で大切ですね!(*^▽^*)

 

  • 瞑想と祈り後の談話にて・・・。参加者のコメントをちょっとご披露します。

 

瞑想については主に心を綺麗にするものなので、チャクラやエーテル体強化だけではいかがなものかと思っています。(IK)

 

肉体を持っている個々が最善のことをやれば、いいと思います。ただし、唯心主義ではいけません。(※唯物主義の対義語。)

グラウンディング(地にしっかり足をつけて生きること)のためには、運動(走る・歩く)することをお薦めします。(US)

 

人のために尽くす意味で奉仕すること、「ゴミ拾い」などもいいですね。(IK)

 

サイキック能力とスピリチュアル能力とは、違います。

チャクラやエーテル体強化は、サイキック能力強化に繋がるとも言えるでしょう。サイキック能力ばかりを求めると、低級霊のちょっかいにのってしまいます。注意しなければなりません。(US)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

瞑想と祈りの後に、『シルバー・バーチの霊訓(6)』4章 ジョン少年との対話を輪読しました。

 

シルバーバーチ霊は、お子さんが好きなようで何人か霊訓集にはお話しをした子供たちが出てきます。(*´▽`*) 今回は、交霊会に参加した11歳のジョン君との対話です。

 

「幼い時に妹を失い、こんどは父親を不慮の事故で失って二人きりとなったが、母親がシルバーバーチを通じて聞いた二人からのメッセージをいつもジョン君に語っていたので、十一歳の少年ながら、すでに死後の世界の存在を自然に信じるようになっていた。」  P68冒頭

 

11歳にして、家族2人が亡くなるとはなんとジョン君の人生は厳しいのだろうか?と思いました。

しかし11歳にして、死後の世界の存在をシルバーバーチの存在により自然に信じるようになっていたとはこれもまた凄いことです( ゚Д゚)。

 

  •  人間の目と霊の目 P68

ジョン君の死んだ妹の話を軸に、「人間の目と霊の目」の違いをシルバーバーチが紹介してくれます。

 

  •  霊に年齢はない P69~71

『霊には年齢がなく、霊的に成長する』とシルバーバーチは語ります。

 

「言いかえれば、完全(パーフェクト)へ向けて成長するのです。(中略) パーフェクトというのは魂の中のすべてのものが発揮されて、欠点も弱点もない、一点非の打ちどころのない状態です。(中略)

パーフェクトであればピースが得られます。しかし、実を言うと『これがパーフェクトです』と言えるものは存在しないのです。どこまで到達しても、それは永遠に続く過程の一つの段階にすぎないのです。いつまでも続くのです。終わりというものが無いのです」。 

 

ううう~ん。終わりのない成長ということは、人間の魂はどこまでも進化することができるということになります。(+o+) なんと、厳しい道のりなのか・・・。

 

  •  死は悲しいことではない P71~73

「ジョン君に知ってほしいことは、もう分かってきたでしょうけど、(死んだ)妹とお父さんはいつも側にいてくれてるということです。(中略)みんな目に見えないものは存在しないと思っているからです。このことを理解しないために地上では多くの悲しみが生じております。理解すれば『死』を悲しまなくなります。死ぬことは悲劇ではないからです。」

 

愛で結ばれる人とは、死をもってしても決して絆が切れることはないのです。それが、本当に理解できれば私たちは、死を無駄に悲しむことをしなくなるでしょう。(⋈◍>◡<◍)。✧♡

  •  考えることにも色彩がある P73~74

シルバーバーチは、「ジョン君が何か考えるたびに小さな光が出るのです」と教えてくれています。「その色彩から、訓練のできた人はその色彩の意味を読み取ることができます。」ともおっしゃっています。

 

ジョン:「スピリチュアリズムについて知るとどういう得をするのでしょうか?」

シルバーバーチ:「知識はすべて大切です。何かを知れば、知らないでいる時よりその分だけ得をします。知らないでいることは暗闇の中を歩くことです。ジョン君はどっちの道を歩きたいですか」

ジョン:「光の中です。」

シルバーバーチ:「でしたら少しでも多くを知らなくてはいけません。知識は大切な財産です。なぜならば知識から生きるための知恵が生まれるからです。判断力が生まれるからです。(中略)

 さてスピリチュアリズムのことですが、人生の目的は何かを知ることはとても大切なことなのです。

なぜなら、人生の目的を知らないということは何のために生きているかを知らずに生きていることになるからです。そうでしょ?ジョン君のお母さんは前よりずっと幸せです。なぜなら、亡くなったお父さんや妹のことについて正しい知識を得たからです。そう思いませんか?」

ジョン:「そう思います。前よりも助けられることが多いです」

 

スピリチュアリズムの確信部分に入ってきました~!( *´艸`)

 

ジョン:「地上の人間が発明するものについて霊の世界の人たちはどう思っていますか。たとえば原爆のことなんかについて」

シルバーバーチ:「(中略)原子エネルギーの発見は時期が早すぎたということです。人類全体としてまだ自分たちが発見したものについて正しく理解する用意ができていなかったために、それが破壊の目的のために利用されてしまったのです。もしも十分な理解ができていたら、有効な目的のために利用されたことでしょう。」

 

やっぱりね~。( 一一)人間は、心や魂を使わずその知識を使ってしまったようですね。。。

 

  • 「幽霊と霊の違い」 P79~84

ジョン:「幽霊と霊とはどう違うのですか」

シルバーバーチ:「これはとてもいい質問ですよ。幽霊も霊の一種です。が、霊が幽霊になってくれては困るのです。地上の人たちが幽霊と呼んでいるのは、地上生活がとてもみじめだったためにいつまでも地上の雰囲気から抜け出られないでいる霊が姿を見せた場合か、それとも、よほどのことがあって強い憎しみや恨みを抱いたその念がずっと残っていて、それが何かの拍子にその霊の姿となって見える場合の、いずれかです。」

ジョン君は、シルバーバーチに「ぼく自身が(シルバーバーチの解答が)その答えが解らなかったんですから・・・」と正直に答えている。真理の難しい話を11歳の少年が理解したかというと難しいでしょうね。

 

 

  • 魂の自由性(freedom)と魂の自在性(liberty) P83~82

この記述について、メンバーから話がもりあがったので詳しく記載します。近藤千雄先生の翻訳のすばらしさを感じます(*^▽^*)。

 

  • freedom(魂の自由性):外部からの束縛がない意味での自由性
  • liberty(魂の自在性):内部での囚われがないという意味での自在性

 

  •  参加者のコメントを再度ご紹介します~。(‘’)

 

現代社会は、周りと関わらなくても生きていけるテクノロジーがある。心の世界が広がっていかないのでは? ゲーマーで生計をたてる人は、多様化と言えるのか?自由意志とは、無限大の選択ができるが自由意志がなくなっていくのを感じる。心という意味で広がらないとコンピュータの向上でコンピュータの知性がfreedomになると人間が奴隷になるのでは?コンピュータに慈愛の精神を理解してもらわないと困る(映画「ターミネーター」のように・・・。) (US)

 

自由を操れない人間が多くなっているのでは? (ST)

 

  • 真理普及は厳粛な仕事 P84~85

シルバーバーチ:「ストレスと難問の尽きない時代にあっては、正しい知識を手にした者は真理の使節としての自覚をもたねばなりません。残念ながら、豊かな知識を手にし悲しみの中で大いなる慰めを得た人が、その本当の意義を取り損ねていることがあります。霊媒能力は神聖なものです。いい加減な気持で携わってはならない仕事なのです。ところが不幸にして大変といってよい霊媒が自分の能力を神聖なものと自覚せず、苦しむ者、弱き者、困窮せる者のために営利を度外視して我が身を犠牲にするというところまで行きません。」

 

  •  さて、ここで・・・参加者のコメントを再度ご紹介しますね~。

 

ヒーラーは、出来るだけお金を取らないことが大切です。また一人の時間を取り、霊性の書物シルバーバーチなど)を読む時間を持つ事が大切なんです。(US)

 

霊的に生きる次元が、大切なんじゃないでしょうか?そういう意味では、自分以外の他人とスピリチュアルな時間や智慧を共有できるこの読書会はなかなかないことだと思う。人と交わる幸せを感じます。

(ST)

 

どうやってストレスを解消するか?物理的なことでは、心や魂の問題は解決しない。霊的なものでしか解決しない。(US)

 

TV「あなたの知らない世界」で霊に対する怖いイメージがついた。現在、NHK「境界のRINNE」や「精霊の守り人」、洋画「ラブリーボーン」などTV番組や映画でも霊に対する正しい知識を駆使した番組がある。これは、いいイメージがつくのではないか? (ST)

 

霊の世界にも一人で囚われている世界とみんなで囚われている世界がある。(幽界・戦場)

日常で困っている人がいても、真実をやみくもに口にしてはダメです。 (SK)

 

出会いにまかせていいと思う。真実が相手に迷惑になることもある。時間をかけて理解することもある。自らの気づきが大切です。霊的な部分を認めて、正しい知識があればすべて説明がつきます。

 (US)

 

玉石混交のスピリチュアリストへの対応について。(IKが質問)

 

相槌をうつ程度でいいのでは?(SK)

 

まだまだ尽きない参加者のコメントですが・・・。本日は、これまで。(*^▽^*)

 

~ 次回 71回 心のサークルのご案内 ~

【と き】  2016717日(日)、14時~17時 

【ところ】 宮城県歯科医師会館2階(仙台市青葉区国分町1-5-1

      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。

      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、わからない時は声をおかけください。

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:5章、談話

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。

【参加費】 喜捨

【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。

     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!

新しく参加希望の方は、本ブログコメントにてご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。なお、コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。

又、これまでのメンバーの皆様は、事前にお知らせしている、出欠係の柴田までメールにてお知らせください

 

第69回 心のサークル報告

【と き】 2016年5月15日(日)、14時~17

【ところ】 仙台歯科医師会館 2F会議室 
【参加者】 進行:US、記録:SK
      IK、ST、SN、YY  以上6名
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:3章、談話
 
3章 自分の責任・他人の責任
 
まずは1時間ほどの談話
自由に話し合うのがこの会の特徴です。^^
「意識」の力についての話題になりました。
例えば同じ重い病気を患っている人が二人います。
治療法がない病気だと悲観的になっているAさんと、病気は進行しないと楽観的なBさん。
Aさんは病気が予想通りに進行し、Bさんは何年も病気は進行せずに、いきいきとしている。そんな実際の話を教えてもらいました。
こういう話は、たぶん誰もが多少なりとも見たり聞いたりしていると思うのですが、偶然にすぎないとか、Bさんだけが特別なのだろうと片付けてしまわれがちです。
しかし、これこそ霊が主で、肉体が従。意識が病気をコントロールしている証拠なのじゃないだろうか、、、とスピリチュアリスト達は思います。
「意識する」ことが、治癒を左右している事実。
スピリチュアリズムの法則と一致する証なのですから、スピリチュアリストは確信を深めるべきのようです。
 
「意識すること」はとても大事なことだとわかっているのに、なかなか自由に意識をコントロールできない! とスピリチュアリストの端くれで悩む私なのですが、、、、つまり、出来ると思わなければ出来ないのですから、出来ると思えばよいのですと、堂々巡りが始ります。
 
話は盛り上がりいつのまにか15時となりました。
瞑想と祈りを唱え13章を輪読。
13章は13ページ。たいへん短い章でしたが、輪読前の談話の内容とリンクしており、その内容は肝に銘じたくなるような、毎日読んで、体に沁み込ませたいと思った章でした。
 
------------背後霊や友人の霊に援助を要求するのはどの程度まで許されるのでしょうか?---------
全生命を創造し、宇宙のありとあらゆる活動を維持せしめている力があなた方にも宿っており、その無尽蔵の貯蔵庫から必要なものを引き出すことができるのです。--(中略)-- そのためには平静さが必要です。いかなる事態にあっても心を常に平静に保てるようになれば、その無尽蔵のエネルギーがわき出てきます。それは霊的なものですから、貴方が直面するいかなる困難、いかなる問題をも克服することができます。p55
 
平静さ。
そうです、目指すは平静さです。
 
--------------あからさまにいえば、取越苦労性の人は霊的に未熟ということでしょうか----------
その通りです。心理を悟った人間はけっして取越苦労はしません。なぜなら人生には神の計画がいきわたっていることを知っているからです。
(中略)たとえ僅かでも心配の念を抱くという事は、まだ魂が本当の確信を持つに至っていないことを意味するからです。もし確信があれば心配の念は出てこないでしょう。偉大なる魂は泰然自若の態度で人生に臨みます。確信があるからです。その確信は何者によっても動揺することはありません。このことだけは絶対に譲歩するわけにはいきません。なぜなら、それが私たちの霊訓の土台であらねばならないからです。p57
 
なんと、それは土台でした。
土台を確信できないでいればぐらぐらするのは当たり前です。これまで何度も何度もシルバーバーチから教えられ続けてきていたのですが、いまだに土台を固められず。
そろそろ本当に心を入れ替えなければ! キッパリ☆
 
それにしてもなぜ、取越し苦労や心配をしてしまうのでしょうか?
悪い事の方が馴染みやすく身近だからだと思うのです。
心理学者によると、悪い結果を想定する人は、「悪い結果になる」と思ったほうが実は楽だからなのだそうです。
なんと!!
確かに「よい結果になる」と思い続けることは難しいのです。ふんばりが必要です。
「悪い結果になる」と思うことは本当に簡単です。いくらでも悪い想像はふくらんで加速するのですから。
楽観的になること、平静になること。それには心の筋力が必要だと思いました。
今日から心のトレーニングをすることにしました。
 
「今日から取越苦労をしない!」
そう誓います! 誓う 誓えば 誓えない 誓う時 誓えるかな・・・誓え! (^へ^;)
 
 
 
他人の責任と自分の責任について。
 
責任は個々において背負うというのが摂理です。摂理のもとにおいては、あなたは他人の行為に責任を負うことはありません。p58
 
文明はかならずしも摂理に適ったものではありません。摂理は完全です。機能を中止することはありません。的確さを欠くこともありません。間違いをおかすこともありません。あなたには自分のすること、自分の言うこと、自分の考えることに責任があります。あなたの成長の指標が魂に刻まれているからです。したがって他人の魂のすることに責任を負うことはできません。それが摂理です。もしそうでなかったら公正が神の絶対性を欠くことになります。p58
 
 
この世はカオスだなぁといろんな摩擦に疲れはてたとき、このような文章を読むと、考え方を整理することができます。
そして自分の悪い種もちゃんと責任もって摘み取らなければと思います。
しかし、悪い種を嫌ってはいけません。悪い種を撒いた結果を知ることも大事な経験だと思います。
何事も無駄な事はありません。
すべてに感謝します。
 
それにしても、向上進化の道はまだまだ遠いなぁと思っていた時、テレビを見ていたら、こんな言葉が耳に入ってきました。
 
宮本武蔵五輪書の中から「鍛錬」についてです。
 
今日は昨日の我に勝ち
明日は下手に勝ち
後は上手に勝つと思い
千日の稽古を鍛とし
万日の稽古を錬とすべし
 
ほんの少しずつでもいいから進化すればよいのだと、答えが返ってきたような気がしました。
 
 
以上、69回の報告終わります。
いよいよ次回より持ち回りの報告となります
6月はIKさん
7月はSTさん
8月はSNさん 
の予定です
お楽しみに☆♪
 
*Uさんのコメント

 今回のテーマに関連して群馬マクロビオティックセンター所長の石田英湾氏(故人)から学んだ名言を述べさせていただきます。人生における成功への秘訣が示されています。継続は力なりと言いますが、何事も天を信じて恐れず、失敗してもけっして諦めず、繰り返し試みることです。ここにスピリチュアリズムが教える真理の一つが示されていると思われます。

 

繰り返し繰り返し繰り返し試みよ

これこそは汝の守るべき教訓なり

はじめに成功することなくも

繰り返し繰り返し繰り返し試みよ

されば勇気も湧き起こるべし

たゆまず屈せず止むことなくんば

遂に勝利を得べし

恐るるなかれ

繰り返し繰り返し繰り返し試みよ

(ヒックソン)

 

 登山家エドワード・ウィンパーは、世界で最初にマッターホルンの登山に成功した方ですが、この詩に励まされて、何度も失敗しては、挑戦したようです。是非復唱してみてください。

 
 
~ 次回 第70回 心のサークルのご案内 ~
【と き】  2016年619日(日)、14時~17時 
【ところ】 宮城県歯科医師会館2階(仙台市青葉区国分町1-5-1
      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。
      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、わからない時は声をおかけください。
【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:4章、談話
【持ち物】 上記書籍をご持参ください。
【参加費】 喜捨
【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。
     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!
新しく参加希望の方は、本ブログコメントにてご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。なお、コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。
又、これまでのメンバーの皆様は、事前にお知らせしている、出欠係の柴田までメールにてお知らせください

第68回 心のサークル報告

 

【と き】 2016424日(日)、14時~17

【ところ】 仙台歯科医師会館 2F会議室 

【参加者】 進行:US、記録:SK

      IK、ST、SN、  以上5名

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:1,2章、談話

1章 祈り

2章 心霊治療 その本当の意義

 

まず初めに、「心のサークル」の立ち上げに尽力し、第一回目より、事務局としてずっとお世話をしてくださったAさんが、ご事情によりしばらく参加ができなくなりました。

これまでのAさんの心遣いに深く深く感謝を申し上げたいと思います。

Aさんがいらっしゃらない事など、一度もなかったこの「心のサークル」

いよいよ、本日よりAさん不在での航海となりました。

 

Aさんが何気なしにして下さっていたあれこれに、私たちは甘えっぱなしだったことに気が付きました。

これからはみんなで分担しながら会を運営していきたいと思います。

 

本ブログの総監督はUさん。

会の備品や喜捨の管理はIさん(Iさん不在の際はSNさん)。

会の出欠係は私・SKが担当することとなりました。

 

又、本ブログ記事はこれからは、交替で書いていきます。

その回によって、それぞれの個性炸裂!・・・となる予想です。

 

 

さて、50ページにわたる第2章。

大変長かったです^^

スピリチュアリズムを知っている人たちにとっては、心霊治療の存在は当たり前な治療ですが、一般の人々にはまだまだ認知されていない分野になると思います。

そもそも、なぜ病気になるのでしょうか?

現代医学でも病気の原因の多くがストレス、と仰るお医者様はたくさんおられます。

ストレスが原因ということは、心が原因ということですよね。

対処療法の反対語は原因療法です。

究極の原因療法が、心霊治療ではないでしょうか?

 

 霊が正常であれば肉体は健康です。霊が異常であれば、つまり精神と肉体との関係が一直線で結ばれていなければ、肉体も正常ではありません。p34

 

心霊治療ではなにが行われているのかということが、多ページに渡って語られていました。

病を治すには、魂に働きかけるのがもっとも至極なわけなのです。

霊界の医療霊団がいまもなお、よりよい医療の研究をしているのだそうです

 

有名なヒーラー・ハリーエドワースさんらとの一問一答形式でしたが、

「心霊治療を受けても治る人と治らない人がいるのはなぜなのでしょうか?」

という同じような質問が複数ありました。

高名な治療家の間でさえもわからず、その線引きはどうなっているのでしょうか。

信心深く、真面目なひとが治らず、信頼の心も持ち合わせているのに治らない人がいる一方、神も仏もないなどと言っている人が治る。

一見不公平に思えてしまいます。

何故なのだろう、霊界にも限界があるのだろうかと思いますよね。

どんな線引きがあるのでしょうか。

それにはさまざまな理由、たとえば因果律等の法則があるとの事です。

 

私が何にもまして強く感じていることは、大自然の摂理の正確無比なことです。知れば知るほどその正確さ、その周到さに驚異と感嘆の念を強くするばかりなのです。一分の狂いも不公平もありません。地上だけではありません。私どもの世界でも同じです。差引勘定をしてみれば、きちんと答えが合います。p49

 

霊格の差によっても、治療を成功させたり、できなかったりということがあるようです。

信仰心があるとか、真面目だとか、そんなことではなく、地上的な考えでは測れないのが霊格との事。

 

さて、我が身の霊格はいかに?

まだまだだだろうなぁ、、、トホホと心の中で思ったのでした。

 

霊格がある人とはどんな人でしょう?

それは、穏やかで大きな人とUさんが仰いました(霊的視野とかそういうことでしょうか・・・)

穏やかさや、素朴さ。

それを自然に備えている人がそばにいたら、とても癒されるだろうなぁと、想像しただけで、あたたかくなりました。

 

霊格が高い事を示す一番の証明は人を選り好みしないということです。私たちは必要とあらばどこへでも出かけます。これが高級心霊界の鉄則なのです。p42

まったく頼もしい限りです(*^ー^*)

 

ヒーラーに治療を予約した途端に治療が始まっていることもあるそうです。

 

治療家のところへ行く途中で治ってしまったりすることがあるのも同じ理由によります。実質的な治療というのは、あなた方が直接患者と接触する以前にすでに霊界側において大部分が済んでいると思って差し支えありません。p41

 

メンバーのSNさんがヒーラーの予約を取った途端に症状が治っていたという実際の経験を教えてくれました。

霊界と地上界はちゃんと繋がっていることの証明ですね。

 

そして、心霊治療の一番の目的は魂を目覚めさせること。

自分が本来霊的存在であること。物的存在ではないことを知ることです。

心霊治療を受けるとそれを実感できるということですね。

 

私の好きな神の摂理を抜粋

神の意思は愛の中だけでなく憎しみの中にも表現されています。晴天の日だけが神の日ではありません。嵐の日にも神の法則が働いております。成功にも失敗にもそれなりの価値があります。失敗なくしては成功もありません。p27

 

「相対の摂理」とでもいうのでしょうか、愛と憎しみ。晴天と嵐。とても簡単な表現だけれど、奥深さを感じます。

 

家に帰って改めて2章を読み返してみると、安楽死のテーマなどもありました。

是か非か。

節理に適っているかどうかなんですね。

 

心のサークルではシルバーバーチの霊訓を輪読し、それについて思ったことを話し合ったり、本から離れて、日常の出来事をスピリチュアルの側面から考えてみたり、様々な事を自由に話し合います。

 

以上、第68回の報告を終わります。

 

*USさんのコメント

 よくシルバー・バーチは、心霊治療の一番の目的は、魂をめざめさせることと述べていますが、心霊治療そのものに対して徹底して疑念を持たない、あるいは、心霊治療は、神の治療であるがゆえにその効果を疑わないという絶対的な信念の形成が必要であるように思われます。それは、本来は、多くの人生経験を積んだ中で試されながら気づいていくものでありましょうが、目に見えない神的エネルギーを信じるというのは、目に見えるという形で物質化された体験が無い限り、難しいものです。しかしながら、目には見えなくとも、いろいろな場面で、神的エネルギーが直接的あるいは間接的に人生に影響を及ぼしていることに気づくと新たな世界が展開していくように思えます。我が人生は、神とともにありと外に向けて言えるようになれたら、まさにその時が、魂が目覚めた時なのかもしれませんね。SKさん、今回は特に感謝いたします。

 

~ 次回 69回 心のサークルのご案内 ~

【と き】  2016515日(日)、14時~17時 

【ところ】 宮城県歯科医師会館2階(仙台市青葉区国分町1-5-1

      入り口は正面玄関ではなく裏口になります。

      窓口に医師会館の方が常駐していらっしゃいますので、わからない時は声をおかけください。

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:3章、談話

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。

【参加費】 喜捨

【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。

     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!

新しく参加希望の方は、本ブログコメントにてご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。なお、コメントを入れる際の認証はすべて半角で入力お願いします。

又、これまでのメンバーの皆様は、事前にお知らせしている、出欠係の柴田までメールにてお知らせください

第67回 心のサークル 報告

【と き】 2016年3月20日(日)、14時~17時

【ところ】 ハーモニーサロンM 

【参加者】 進行:US、記録:AN

      IK、SK、ST、SN、YY、TN(初)  以上8名

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(5)』の読書会:13章、談話

 

真理を学んでいる者、すなわち真理を知った者には伝える役割がある、と言われる。しかし“霊”という言葉に恐れや拒絶感を覚える人も多く、伝えるのは容易なことではない。ゆえに真理を自分なりに噛み砕いて消化し、今度はそれを人に合わせて説くことが必要になる。その準備をすることがこのサークルの目標でもある。

参加者のSTさんは、“霊を科学的に説明できつつある”ことが語られているUチューブの番組を教えてくれた。それは、アメリカのアリゾナ大学の意識研究センター所長であり、麻酔科医のスチュワート・ハメロフ氏等の研究である。ハメロフ氏は「生物学上の様々な現象が量子論で説明可能であることがわかってきた。魂とは宇宙と繋がる量子コンピューターである。たとえば“量子もつれ”という現象で意識が離れたところに飛ぶことがあり、さらに宇宙に広がり、戻ってきたら白い光を見たとか、家族に会ったとか、体外離脱をしたと言う…」(モーガン・フリーマンの「時空を超えて 死後の世界はあるのか」より引用)いわば神の領域と言われてきた世界を科学的にアプローチしている。しかし我々が活用できるまでにはまだまだ掛かりそうだ。

 会の終了後、来月からサークルの会場が変わることもあり、久しぶりに親睦会が持たれた。思う存分スピリチュアルな話ができ、皆日頃のストレスも解消!人間である以上悩みは尽きないが、何はともあれ地球という修行の場に集えたこと、そして学びの仲間の助言や背後霊の導きに心より感謝した。

 

≪ 13章 質問に答える ≫ より抜粋、引用

◆戦争により友情や仲間意識を鼓舞され、“宗教心”をより多く生み出すことになりますか?

「それは話がまったく別です。団結心にはプラスするでしょうが、真の宗教心は、魂の奥底から湧き出る“人のためを思う心”です」

 

「人類はあまりに永いあいだ真理を見せかけの中に、物的形態の中に、祭礼や儀式の中に、宗教的慣習の中に、仰々しい名称の中に求めて参りました。しかしこうした物はただの“殻”です。神は“内側”にいるのです。“外側”にはいません」

 

◆休戦記念日(第一次世界大戦の)に当ってのメッセージをお願いします。

「過去20年間にわたって地上世界は偉大な犠牲者たちを裏切り続けてきました。先頭に立って手引きすべき聖職者たちは何もしていません。混迷の時にあって何の希望も、何の慰めも、何の導きも与えることができませんでした。宗教界からは何らの光ももたらしてくれませんでした」

 

「本来ならば誤った観念や迷信を取り除き、霊の力を地上にもたらそうとする我々の努力に協力すべき立場にありながら、逆にそれに反抗する側にまわっている宗教界は恥を知るべきです。戦死して20年たった今なお、自分の健在ぶりを知ってもらえずに無念に思っている人が大勢います。それは地上の縁ある人々がことごとく教条主義のオリの中に閉じ込められているからに他なりません」

 

「聖俗を問わず、既得権力に対する我々の戦いに休戦日はありません。今や不落を誇っていた城砦が崩れつつあります。強烈な霊の光がついにその壁を貫通しました。勝利は間違いなく我々のものです」

 

◆多数の戦死者が出るのを見ていると霊的知識も無意味に思えてきます。

「死んでいく(地上世界から解放された)人たちのために涙を流してはいけません。死に際のショック、その後の一時的な意識の混乱はあるにしても、死後の方が楽なのです」

 

「戦死で苦しむ者もいれば苦しまない者もいます。中には死んでいるのに戦い続けている人がいます。自分の身の上に何が起きたかが分からなくて迷う者もいます。が、いずれも長くは続きません。いずれは永遠への道に目覚めます。とにかく死は悲劇ではありません」

 

「あなた方は永遠の旅路を行く巡礼者なのです。今ほんの僅かの間だけ地上に滞在し、間もなく、願わくは死後の生活に役立つ知識を身につけて、分かれ道で迷うことなく旅立つことになっております。あなた方は旅人なのです。常に歩み続けるのです。地上はあなた方の住処ではありません。本当の住処はまだまだ先です」

 

◆霊界の指導者は地上の政治的組織にどの程度まで関与しているのでしょうか?

「ご承知と思いますが、私たちは人間がとかく付けたがるラベルにはこだわりません。政党というものにも関与しません。私たちが関心を向けるのは、どうすれば人類にとってためになるかということです。そのための道具となる人であれば、いかなる党派の人であってもいかなる宗派や信仰をもった人であっても、時と場所を選ばず働きかけます」

 

「本人の自由意志の占める要素はきわめて重大です。しかし、いかなる意志でも自らの力ではいかんともし難い環境条件、従わざるを得ない法律、宇宙の自然法則、各自の霊的進化の程度の問題があります。そうした条件を考慮しつつ私たちは、人類の進歩に役立つことなら何にでも影響力を行使します。あなた方の自由意志に干渉することは許されませんが、人生においてより良い、そして理にかなった判断をするように指導することはできます」

 

◆各国の指導的立場にある人々の背後でも指導霊は働いていますか?

「もちろん、常に働いております。親和力の法則が働いており、両者の間に霊的に親しい関係があると、自然発生的に援助しようとする欲求が湧いてくるものだからです。また、大酒飲みや麻薬中毒患者などがこちらへ来ると、地上で似たような傾向を持つ人間を通じて満足感を味わおうとするものです」

 

「無意識の反応――本人は気付かなくても霊界からの思念を吸収していることがあります。インスピレーションは大抵の場合は本人も分からないうちに、詩とか曲とか絵画とかドラマとかを思い付いているものです。霊の世界からのものとは信じてくれないかもしれませんが」

 

「すべての国にそれなりの計画が用意されています。すべての生命に計画があるからです」

 

◆人類の福祉の促進の為に霊界の科学者が地上の科学者にインスピレーションを送ることはありますか?

「地上世界にとっての恵み、発明・発見のほとんどが霊界に発しております。しかし残念ながら人間の霊的成長と理解力不足のために、せっかくのインスピレーションが悪用されているケースが多いのです。科学技術が建設のためでなく破壊のために使用され、人類にとっての恩恵でなくなっているのです」

 

「霊界は善人ばかりの世界ではありませんので、悪魔的発明もあります。極めて地上とよく似た自然な世界です。地上世界から性質の悪い人間を送り込むことをやめてくれないかぎり、私たちはどうしようもありません。私たちが地上の諸悪を無くそうとするのはそのためです」

 

 

 

~ 次回 “第68回 心のサークル”のご案内 ~

【と き】  2016年4月24日(日)、14時~17時 

【ところ】 宮城県歯科医師会館2階(仙台市青葉区国分町1-5-1)

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(6)』の読書会:1章、談話

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。

【参加費】 無料

【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。

     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!

参加希望の方はご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。

           Tel/0222225960

第66回 心のサークル 報告

 

【と き】 2016年2月28日(日)、14時~17時

【ところ】 ハーモニーサロンM 

【参加者】 進行:US、記録:AN

      IK、SK、ST、SN    以上6名

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(5)』の読書会:12章、談話

 

今日本では、憲法第9条について大いに議論を呼んでいるが、シルバーバーチの霊訓が書かれた当時においてもやはり参戦や兵役忌避ということが議論の的になっていたようだ。このことについて、シルバーバーチは「常に道義心――魂の奥の神の声――が各自の行為の唯一の審判官である」と説き、「従ってその結果に対しては各自が責任を取らねばならない」と主張する。さらに詳細は今回の12章で語られている。

 そもそも戦争はなぜ起きるのか?――その目的の多くは覇権にからむ経済的なものではないだろうか。過去の幾多の戦争体験を通して、多少なりとも学んだはずの現代人は、戦争を阻止すべく方向を向いているようにも見える、が、大いに危うさを感じてしまう。今現在戦争状態の国は少なくないし、着の身着のままで助けを求め彷徨する難民に対しても非道な対応が報じられている。もしもそれが自分の身内や友人だったら……。人道的精神から物資は供給しても、テロなどの脅威から自国を守るために排他的感情が優勢になる。言うなれば愛よりも恐怖心が勝ってしまうということか。

 いずれ人間はこの世を卒業(死)しなければならない。卒業までの残された人生をいかに生きるべきか、魂に問い続ける日々でありたい。

 

≪ 12章 参戦拒否は是か否か ≫ より抜粋、引用

◆兵役参加をスピリチュアリズムから見ると

「もしも兵役に喜んで参加し、必要とあらば相手を殺めることも辞さない人が、自分はそうすることによって世界のために貢献しているのだと確信しているのであれば、その人を咎める者は霊の世界に一人もいません。戦争参加を拒否する人間と、一種の奉仕的精神から敵を殺す覚悟と同時に、いざとなればわが身を犠牲にする覚悟をもって戦場へ赴く人間とは、私たちの世界から見て上下の差はありません。動機が最も優先的に考慮されるのです」

 

「私どもは、地上人類は完全に道を間違えたという認識に立っております。そこで、何とかしてまともな道に引き戻そうと努力しているところです。しかし幾十億の人間がおり、みな成長段階も違えば進歩の速度も違い、進化の程度も違います。神は人間各自に決して誤ることのない判断の指標、すなわち“道義心”というものを与えています。各自の取るべき手段を判断する力――自分にとって正しいか間違っているかを見分ける力は例外なく具わっております」

 

「すべての言い訳、すべての恐れや卑怯な考えを棄てて自分一人になり、それまでの自分の霊的進化によって培われた良心の声に耳を傾ければよいのです。瞬間的に解答を出します。それは魂に宿る神の声であり、あなたの絶対に誤ることのない判断基準です」

 

◆「戦うことは正しいことだと思いますか?」という質問に対して

「私は常々たった一つのこと――“動機”は何か――が一番大切だとお教えしております。そうすることが誰かのためになるのであれば、いかなる分野であろうと、良心が正しいと命じるままに実行なさることです。私個人の気持ちとしては生命を奪いあう行為はあってほしくないと思います。生命は神のものだからです。すべからく、自分の魂の中の最高の声に従って行動なされば良いのです。流血の手段によっても一時的な解決は得られますが、永続的な平和はえられません。殺し合うことが唯一の解決手段ではないことを忘れないでください」

 

◆臆病な人の自殺と自己犠牲的な自殺について

「同じ自殺行為でも進化の程度によってその意味が異なると観ています。臆病であるがゆえに自殺という手段で責任を逃れようとする人が多くいますが、逃れられるものではありません。死んでもなお、その責任に直面させられます。しかし、行為そのものは間違っていても、そうすることが愛する者にとって唯一の、そして最良の方法であると信じて自分を犠牲にする人もいます。そういう人を卑怯な臆病者と同じレベルで扱ってはなりません。大切なのは“動機”です」

 

「不治の病に苦しむ人が、周りの人(妻)に迷惑をかけたくないとの考えから自殺をしたのは間違いです。愛する妻に自由を与えてやりたいと思ったのかもしれません。しかし真の愛はそれを重荷と思うようなものではないはずです。ですが、その動機は誠実です。一生懸命考えた挙句に、そうすることが妻への最良の思いやりだと思って実行したことであって、決して弱虫だったのではありません」

 

シルバーバーチからの励ましのメッセージ

「私は常にあなた方地上の人間とは異なる規準で判断しております。私たちの規準は顕と幽のあらゆる生活の側面に適用できる永遠に不変の規準です。その日その日の気まぐれな規準で判断しているあなた方の判断は歪められがちです」

 

「私たちはそうした地上の日常の変転極まりないパノラマの背後に、永遠不変の原理を見ているのです。どうかその事実から勇気を得て下さい。そこにインスピレーションと力とを見出し、幾世紀にもわたって善意の人々が夢見てきた真理の実現のために働き続けて下さい。その善意の人々は刻苦勉励してあなた方の世代へ自由の松明(たいまつ)を手渡してくれたのです。今あなた方はその松明に新たな炎を灯さなくてはならないのです」

 

 

 

 

~ 次回 “第67回 心のサークル”のご案内 ~

【と き】  2016年3月20日(日)、14時~17時 

      ( 2016年4月以降は会場が変わります) 

【ところ】 ハーモニーサロンM(仙台市青葉区宮町3-6-46)

【内 容】 『シルバー・バーチの霊訓(5)』の読書会:13章、談話

【持ち物】 上記書籍をご持参ください。

【参加費】 無料

【参加者】 シルバー・バーチの霊訓に関心があり、向上進化を目指す方どなたでも。

     日常を離れた空間で、ともに学びましょう!

参加希望の方はご連絡頂けますと幸いです。お気軽にお尋ね下さい。

           Tel/ 022-398-3540(荒川)